「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「選択」は誰がする?

   

誰々が何々してくれればいいのに
 
上司がもっと対応を変えればやる気出すのに
 
周囲にもっと理解があれば、自分もやりやすいのに
 
 
 
こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
どうやら風邪をひいたようで、少々お腹にきています(苦笑)
風邪ひくと、熱より先にお腹にくるのですよ、僕は。
今日は安静にしておきます。
 
季節柄、皆さまも十分にお気を付けください。
 
 
 
さて、上記は以前の僕がいつも考えていたこと。
以前の僕は、上手くいかなかった時は、いつも誰かのせいにしていました。
 
 
 
自分の選択の結果だということを認めたくなかったんです。
 
 
 
結果の中に「他者」という要因も、多少は存在するでしょう。
でも、やると決めたのは自分自身
 
それで結果が出なかったから「お前のせいだ」ってのは、
随分と虫のいい話ですね(;´Д`)
 
 
 
でも、僕はそれを認められなかった。
無駄なプライドばかりが先行していたんです。
 
 
 
責任逃れは、一時的に出来たかもしれない。
自分を守ることは出来たかもしれない。 
 
 
 
でも、それって人生を他人任せにしているのと同じ。
自分の人生の選択は自分にしかできないもの。
上手くいってもいかなくても、それは自分の選択の結果。
 
 
 
他者のせいじゃないんです。
自分の人生は、自分の選択で作り上げていくものです。
 
 
 
そして。
だからこそ、他人の目なんか気にしなくていいんです。
 
 
 
親に反対されたから。
上司に、友人に否定されたから。
失敗したらカッコ悪いから・・・等々。
 
 
 
多くの方が上記のようなことを気にして、
選択肢を狭めているように感じています。
 
 
 
以前の僕も、同じようなもの。
出来なかったらカッコ悪い、そんなことを考えていました。
 
 
 
でも、考えてもみてください。
自分の人生は自分のものなんです。
他の誰のものでもないんです。
 
 
 
ワガママ放題好き勝手に生きろ、という意味ではありません。
 
他者からの意見には耳を傾け、
そのうえで「自分はどうありたいのか」を真剣に考えること。
 
 
 
自分の道は、生き方は。
自分で決めて、責任を持つ。
 
そうして、「自分の人生」を作り上げていく。
 
 
 
人生の主役になるには、必要な「覚悟」ではないでしょうか。
 
  
  
【しつもん:本当にしたい選択は?】 
   
  
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
 
  
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
  
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム