理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

手放せば、手に入る。

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
先日、僕の友人がこんなことを愚痴っていました。
 
なんでも某SNSで少々キツめの発言をしたところ、
フォロワーが減ったとか。
 
 
 
それを気にしていた彼に、僕はこう伝えました。
「やったじゃん!」
 
 
 
どこがだよ、と突っかかってきた彼に。
続けざまにこう伝えました。
 
「だって、大半は残ったでしょ?”純度”が上がったじゃないか」
 
 
 
最初から此方を向いていなかった人が、
たまたま発言をキッカケとして離れただけ。
 
遅かれ早かれ、
きっとその人達はどこかのタイミングで離れていたでしょう。
 
 
 
実は僕も、似たようなことを経験しています。
その時は、当時5人いたフォロワーが翌日全員消えていました(笑)
 
 
 
しょっちゅう、増えたり減ったりしています。
たまに自分でも精査しています。
 
投稿が不適切だったり、他者批判を繰り返してばかりの人などは、
僕のページから外れて頂いています。
 
 
 
こういった行為にご批判もあるでしょうが、
僕は必要なことだと思っています。
 
僕の情報を本当に必要としている人に、
必要なことが伝わるようにしたいと思っているからです。
 
 
 
薄っぺらい1000人よりも、ビジョンを共有できる100人と
これが僕のスタンスです。
  
 
 
でも、不思議なんです。
5人離れた直後に、新たに7人と繋がったり。
 
手放すことで、もっと素晴らしい人が繋がるようになりました。
 
 
 
この「手放す」という行為に、怖れを抱く人は多いです。
人間関係では、特に。
 
 
 
でも、例えば両手にボールを持った状態で、
新しいボールをキャッチしようとしたら?
 
当然キャッチできずにボールは落下します。
 
 
 
多少乱暴な例えですが、「根っこ」は同じです。
 
今の自分に必要なものをキャッチするためには、
今の自分にとって不要なものを手放す必要性があります
 
 
 
僕は様々なものを手放しました。
カウンセリングだったり、塾講師だったり、雇用だったり・・・
 
 
 
手放したことで、苦労している部分は多々あります。
  
 
 
でも、手放したおかげで手に入ったものがあった
 
毎日本気で自分の仕事について考える時間だったり、
夢を語りあう仲間や応援してくれる人だったり、
自分自身と向き合う機会だったり・・・
  
 
 
僕はサラリーマンを手放したことで、
本当にやりたかったことが手に入りました。
 
 
 
手放すことは、勇気が要ります。
不利益やリスクが、少なからず発生します。
そのことで、動けなくなることもあるでしょう。
 
 
 
そんな時には、こう自分に問いかけてみてください。
 
 
 
「どうなりたい?」って。
 
 
 
自分の求める未来の姿を自分自身に問いかけて、
そのうえでどんな選択をする方がいいのかを考えてみてください。
 
 
 
手放さない方がよければ、持っていればいいんです。
 
でも、手放した方がいいのなら。 
勇気を持って、手放してみてください。 
 
 
 
きっと空いた場所には、もっと素敵なものが入ってきます。
 
 
 
このコラムでまた何人か減るんだろうなぁ(笑)
  
  
  
【しつもん:要る?それとも要らない?】    
  
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
 
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
   
  
うながし家(か)のお仕事です:【各種サービス
 
 
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム