口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

言うことは変わっていい?

   

こんにちは、うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
サラリーマン時代、こんな上司がいました。
 
朝言った指示が、夕方には変わっている。
作成依頼のあった資料に、土壇場で変更入れられる。
訪問先が移動中に変わる。
 
 
  
で、僕は居酒屋でいつも愚痴ってたんです。
 
「あの人、ほんとコロコロ言うこと変わる!すげぇ迷惑!!」
 
なんてね(苦笑) 
 
 
 
当時としては本当に迷惑だと感じており。
心理学を勉強し始めてからも、
心のどこかで「ああはなるまい」と思っていました。
 
 
 
でも、この考え方が覆される事態が起きました。
 
 
 
とある社長と面談の機会を頂けた際。
その方がこんなことを仰ったんです。
 
 
 
「我々は朝言ったことを昼に変更する勇気が必要」 
 
 
 
はぁん!?( ゚Д゚)と思いました(笑)
いや、部下迷惑でしょ、と。
 
 
 
きっと顔に出ていたのでしょう、
社長がニヤリと笑いながら仰いました。
 
「なんでだと思う?」と。
 
 
 
そう言われても、僕には皆目見当もつきません。
そもそも、自分がそんな上司に振り回されたことがある。
 
 
 
しばらく悩んで出した答えも、悉く「違う」と言われ。
とうとうギブアップ宣言。
 
 
 
すると社長はこんなふうに仰いました。
 

香月君。
情報は生ものなんだ、鮮度が命なんだ。
すぐに行動に移さないと、劣化してしまう。
 
でも、それが間違いの可能性は十分にある。
そんな時、自分のプライドを優先して変更を指示しなかったら?
その後、最大級の迷惑を社員にかけちゃうんだよ。
 
だから、リーダーの立場にある者は。
自分が間違っていることが分かったら即 変更をかける勇気が必要だ。

 

 
もちろん、社員への配慮は不可欠だけどね。
 
そう言って茶目っ気たっぷりに笑うその方を見て。
この方の下で働きたいと本気で思ってしまいました。
 
 
 
まぁ、コーチとして一人前になるのが僕の目標ですので断念しましたが 笑
 
 
 
方針転換は当たり前。
寧ろ、自分のプライドに拘って変更をかけないことこそが害悪
そんな発想は全くなかった僕には、目からウロコでした。
 
 
 
そう考えながら思い返すと。
確かに元上司にはそんな部分がありました。
 
内心不満を抱えつつも、上司の指示通りにした際にはほぼ上手くいきました。
逆に、上司に逆らった時には上手くいかなかった。
 
 
 
彼には、上記の社長と同じ視点が備わっていたのでしょう。
 
でも、僕はそこから学ばなかった。
不満を述べるばかりで、元上司の意図に気付けなかった。
 
 
 
ものすごく貴重な勉強の機会を逸していたことに、
僕はことここに至り漸く気付けたのです。
 
 
 
まぁでも、一言説明してほしかったな(苦笑)
 
 
 
「情報は生もの、鮮度が命」
「行動はすぐに起こす」
「間違っていたら即修正」
「その際、周囲への配慮を忘れない」
 
 
 
 
大変貴重なアドバイスを頂けました。
 
僕もこの4つの教訓を意識して、
行動と成長を続けていきたいと思います。
 
 
 
【Q:プライドと仲間、どちらが大事?】    
  
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
4月にイベントを企画しました。
「情報断食道場 @ 無人島」
詳細情報はこちら
 
 
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
 
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
   
  
うながし家(か)のお仕事です:【各種サービス
 
 
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム