「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

グッ!とくる褒め言葉は?

   

今日も当コラムにお越し頂き、ありがとうございます!
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
僕は個人セッションを対面やSkypeで実施しています。
その際、たまにこんなことを仰る方がいます。
 
 
 
「相手をどうほめていいのか分からない」
 
 
 
同じような悩みを持たれている方、
実は結構多いのではないでしょうか。
 
 
 
などと言っている当の僕も、
実は人をほめるのが大の苦手だったんです。
 
どうも自分の口から出る言葉が嘘くさくて(苦笑)
 
 
 
「ひとつのほめ言葉で2ヵ月は生きられる」
 
アメリカの作家、マーク・トウェインもこんなふうに述べています。
「ほめる」というのは、人間関係に置いて非常に需要な行為なんです。
 
 
 
ですが、日本人はどうも「ほめる」という行為が苦手なように思います。
 
ほめてもどこか本気度が伝わらなかったり、
通り一辺倒のほめ言葉だったり。
 
 
 
だから本気で感動していたとしても、
その感動が相手に伝わらなかったり・・・
 
 
 
多分「謙虚さ」を尊ぶ教育スタイルも影響しているのでしょうね。
ほめてもすぐに「いえいえ、私なんて」と謙遜するし(笑)
 
 
 
では、どんなほめ言葉が相手に「グッ!」とくるのでしょう。
 
 
 
例えば、こんな感じ。
あなたが自分のアクティブさに自信のある人だと仮定して。
 
 
 
「本当にアクティブですね」
と言われるのがいいか。
 
「あなたのアクティブさを見ていると、僕も行動しなきゃ!と強く思う」
と言われるのがいいか。  
 
 
 
どうでしょう。
下の方がグッ!ときませんか?
 
 
 
相手が自分にどのように影響を及ぼしたか、を伝えると、
相手も嬉しくなる。
 
自分が受けた影響を一緒に伝えて、
相手の承認欲求を倍加しているんです。
 
 
 
これは非常に有効な手段です。
 
ただ単純にほめることも重要ですが、
「あなたの〇〇な点は自分にこんな影響を与えた」
なんて言われたら。
 
 
 
ほめられた人はあなたのファンになること、請け合いです!笑
 
 
 
先ずは「ほめる」という行為に慣れる。
人の良いトコロなんか、探す気になればたくさん見つかります。
 
 
 
それを丁寧に見つけて、伝えて。
慣れてきたら、
上記のような「自分にこんな影響があった」と伝えてみる。
 
 
 
きっと言われた人は。
2ヵ月と言わず半年は生きられるでしょう!!
 
 
 
ちなみに、僕が最近言われて嬉しかったほめ言葉。
 
「つばさ君の質問と提案は、私の経験を更に深堀してくれる」
 
 
 
ちょ~、嬉しかったです 笑
 
 
 
【Q:心に残るほめ言葉は何ですか?】    
  
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
スマホを片時も手放せないあなたへ。
「デジタルデトックス @ 無人島」
詳細情報はこちら
 
 
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
お問い合わせはこちらから。
 
 
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】:詳細はこちらから。
   
  
うながし家(か)のお仕事です:【各種サービス
 
 
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム