「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

最後まで聴いているか?

   

今日も当コラムにお越し頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
以前、僕は企業の営業マンでした。
で、社内では当たり前のように、
以下のような光景が日常化していました。
  
 
 
上司:「おい、あの件どうなっている?」
部下:「はい、〇を~して、」
上司:「(話の途中で)それじゃだめだ!もっと~して」
部下:「はぁ・・・」
 
 
 
こういった会話は、どの職場でも割と日常です。 
そして、往々にしてこんな共通点があります。
それは、上司が部下の話を途中で遮ることです。
 
 
 
上司は部下よりも、はるかに多くの経験値があります。
だからこそ、部下の行為の問題点がすぐに分かる。
 
 
 
そして、話の途中で遮って、こう伝えるんです。
「お前は間違っている」と。
 
 
 
行動自体は正しいです。
失敗すると分かっている以上、
軌道修正は上司の義務であり責任です。
 
  
 
ですが、ここで一つ思い返してもらいたい。
それは、部下も人間である、ということ。
 
 
 
話している途中で遮られ、否定されてしまったら?
部下は感謝して、すぐさま行動を修正するでしょうか?
 
 
  
話の途中で遮って、ダメ出しして指示ばかりでは。
部下は自分で考えなくなります。
 
 
 
「どうせ考えても否定されるし、最初から指示通りに動けば楽」
 
こんなふうに考えてしまうんです。
 
 
 
何を隠そう、僕自身がこの失敗を経験しました。
「自ら考え動くチーム」を作りたかったのに、結果は真逆。
「誰も率先して動かないチーム」になってしまいました。
 
 
 
この失敗を踏まえ、僕がトレーニングしたこと。
それは「話を遮らない」「視線が合うまで待つ」の二つです。
 
 
 
たったこれだけのことですが、それだけで。
僕はコミュニケーションにおいて、
相手からの圧倒的な信頼を得ることができました。
 
 
 
親切心から、つい話を遮ってしまうこともあるでしょう。
でも少しだけ、待ってあげてください。
そして、話が途切れた時に「自分はこう思うんだけど」と伝えてください。
 
 
 
ほんの一手間が加わるだけで、相手の印象はがらりと変わります。
かつてチームを潰した僕でさえ、他者の信頼を勝ち得ました。
 
 
 
優秀なリーダーである皆さんに、できないはずがありません。
 
 
 
【Q:最後まで聴いていますか?】    
  
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
(注記)
   
スマホを片時も手放せないあなたへ。
デジタルデトックス @ 無人島
  
 
僕のHPにプレゼントをご用意しています。
「”何のために”を明確化する質問集」
        +
「行動しない自分を変える8つのステップ」 
 
 
メールマガジン好評配信中。
【経験は価値になる】   
  
 
あなたを一生活かし続ける「ヤリガイ・スイッチ」をONにします!

 - コラム