「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「伝わる話し方」とは?

   

本日も当ページにお越し頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
さて、皆さんにはこんなご経験はないでしょうか。
 
「言いたいことが伝わらない」
 
お恥ずかしい話ですが、以前の僕はしょっちゅうでした 苦笑
 
 
 
普段の生活でも、就職してからも。
僕の話は、中々相手に伝わりませんでした。
 
そして、いつもこう思っていたんです。
侮蔑を込めて、「なんで理解できないのかね?」と
 
 
 
今なら、その理由がよく分かります。
原因は100%僕自身にあったのです。
 
 
 
にも関わらず、他人の理解力が低いように考えるこの不遜。。
当時の関係者各位には、本当に申し訳なく・・・
 
 
 
当時の僕の話が伝わらなかった、一番の理由。
それは、「簡単に伝えていなかった」ということ。
僕は簡単なことをわざわざ難しく説明していたのです。
 
 
 
なんでこんなことをしていたかと言えば。
一言で説明すると、「虚栄心」です。
 
 
 
難しい表現をする自分に、優越感を感じていたんです。
そうやって、他者をどこかで見下していたんです。
 
 
 
一方で。
自分が分かりにくく説明しているくせに、
理解されないと勝手に不満を感じる。
 
 
 
本当に「ガキ」だったと、今更ながらに思います 苦笑
 
 
 
幸い、とある”痛烈”なフィードバックにより。
僕は自身の「勘違い」に気付くことができました。
その結果、徹底的に意識していること。
 
 
 
それは、小学生が聞いても理解できるように話すことです。
  
 
 
難しいことを難しく言うのは簡単なんです。
コピーすればいいだけの話ですから。
 
 
 
でも、それを誰にでも理解できるように話そうとしたら。
自分の言葉に置き換えて、可能な限りシンプルにする必要があります。
そのためには、見聞きした以上に自分で調べなければいけません。
 
 
 
その過程で、物事に対する理解が深まったように思えます。
 
 
 
もう一つ、僕が意識していること。
それは「曖昧な表現をしない」ということ。
 
 
 
代表的な例で言えば、「皆が言っている」などですね。
セッションの時にもこういった発言をよく聴くのですが、
その度に僕はこのようにお尋ねしています。
 
 
 
「”皆”って、具体的に誰ですか?」
 
 
 
そうすると、身近な数人に言われただけで、
ちっとも”皆”じゃないケースが多いんです。
 
ま、これも自身の失敗から得た教訓なのですが 笑
 
 
 
誰にでも分かるように、簡単に伝える。
曖昧な表現は避けて、具体的に話す。
 
 
 
たったこれだけで、相手に話が伝わるようになります。
 
 
 
おかげさまで「話が分かりやすい」と言われるようになった、
元・ミスコミュニケーション大王によるうんちくでした。
 
 
 
【Q:具体的に言うと、何ですか?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)
 
メールマガジン、好評配信中です。

 - コラム