コトバ集客プロデュース【コトプロ】

~あなただけの魅力を、理想のお客様に一番響く言葉で~

*

誰に「勝つ」のか?

   

本日も当ページにお越し頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
以前の僕、この言葉にこだわっていました。
 
「勝つ」
 
丁度「勝ち組」という言葉が流行り始めた時期と被ります。
 
 
 
で、今の僕はこんな風に思う訳です。
 
 
 
一体何に対して”勝とう”としていたのだろう、と。
 
 
 
以前の僕は、「勝ち組」であろうとしました。
他者と比較して、「勝っている」状態になるのが好きでした。
それは収入に執着していたことにも、顕著にあらわれています。
 
 
 
「勝ち組になる」
「他者を出し抜く」等々。
 
 
 
こんなテーマのセミナーや著書があれば、すぐに飛びついていました。
(今でもこのテの著書やセミナーは、人気あるみたいですね)
 
そして、他人を出し抜くことばかりを考えていました。
 
 
 
当時の僕が考えていたことは、常に自分の利益のみ
他者のことなど、歯牙にもかけていませんでした。
 
 
 
人間って、一人では何もできないんです。
一人で生きているつもりでも、絶対にどこかで誰かと関わっているんです。
本当に一人で生きたいのなら、無人島にでも行けばいいんです。
 
  
 
でも、この社会は協力関係で成り立っています。
他者を排除しようとしたら、何一つ成立しなくなります
当時の僕は、そんなことにすら気付けませんでした。
 
 
  
元々「働く」とは「傍を楽にする」こと。
 
誰かに貢献すること。
誰かの幸せに寄与すること。
 
それが仕事の役割です。
 
 
 
そんな仕事に「勝つ」という概念は必要でしょうか?
 
 
 
キレイゴトだと言われれば、それまでです。
実際、「競合」という言葉もあるように。
どこかが仕事を受注すれば、どこかが失注します。
 
 
 
ただ、ご一考頂きたいんです。
この理論を突き詰めてしまえば、誰も幸せになれないことを。 
 
 
 
価格競争になれば、利益も減ります。
相手の粗探しばかりしていれば、自分の粗も探られます。
 
最悪、クオリティが低下して。
サービスの受給者にも迷惑をかけてしまいます。
 
 
 
トルストイの「天国と地獄」という、有名な話があります。
(実は出典が不確かなのですが、それは置いといて) 
 
 
 
長いスプーンを手に括り付けられた死者。
 
「地獄」では食事をなんとか自分で食べようとして、 
長いスプーンが邪魔をして誰も食事にありつけない。
結果、全員が飢えている。
 
 
 
一方で「天国」では。
その長いスプーンを使って、お互いに食べさせ合っている。
結果、全員が飢えることなく幸せになっている。
 
 
 
社会もこれと同じだと思うのです。
 
 
  
奪い合えば、足りなくなる。
分け合えば、満たされる。
 
 
 
“勝とう”とするのではなく、”奪おう”とするのではなく。
“幸せにしよう”と、”協力し合おう”と考えること。
 
 
 
その方が、この社会ずっとよくなるはずです。
 
 
 
【Q:どうやって幸せにしますか?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)
 
Facebookやってます。お友達になりませんか?
 
メールマガジン、好評配信中です。

 - コラム