現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

「話を聞け!」と言われないために。

   

本日も当ページにお越し頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
僕は今ビジネスコーチというお仕事をしています。
この仕事の主軸は、「人の話を聴くこと」です。
 
 
 
話の表面ではなく、表情や声色、感情などを聴き取り。
そこから仮説を立てて、具体的な提案をし。
依頼者の成果に繋がるように、日々勤めています。
 
 
 
今でこそ、僕はそこまで人の話を聴けるようになりましたが。 
以前の僕は、一日一回の頻度でこう言われていました。
 
「人の話を聞け!」
 
誇張表現ではなく、”実績”として。
 
 
  
自身の経験と、似たような方々を観察したことから。
これらの人達には、以下のような”特徴”があります。
 
 
 
【相手の話を勝手に結論付ける】
 
 
  
相手の話の途中で、自分の経験則から勝手に結論を出す。
そして、「この話はこれ以上聞く必要がない」と解釈し、
自分の話すことばかりを考えてしまう。
 
 
 
こういった態度は、
気付いていないようで確りと相手に伝わります。
 
で、こう言われる訳です。
 
 
 
「お前、人の話聞いてるの?」と。
 
 
 
そして「聞いてますよ、こういうことですよね」と、
自信満々に説明したら。
 
あぁ悲しいかな、勘違い。
結果、相手を怒らせてしまう訳ですね。
 
 
 
今でこそ冷静にこんなことを思う訳ですが、
当時は全く意味が分かりませんでした。
それどころか、理不尽に怒られているようにも感じていたんです。
 
 
 
ここでも確りと「人の話を聴かないスキル」が発動しています 笑 
 
 
 
聞き流すのは、当然だめ。
聞いていても、そこに余計な解釈を入れたらだめ。
 
  
 
一番大事なことは、人の話は最後まで聴くということ。
余計な解釈は交えずに、相手のお話をそのまま受けとめる、ということ。
 
 
 
至極当たり前のことですが、
出来ていない人は多いように感じています。
 
 
 
人間は無意識に、自分の経験則で物事を判断してしまいがちです。
これが誤解を生む、主な要因です。
 
 
 
先ずは相手の話を聴くこと。
 
そのうえで。
言わんとしていること/言っていないこと/本人も気付いていないこと
は、一体何だろう?
 
 
 
そんなことに注意を払いつつ、最後まで聴きます。 
 
 
 
此方が話すのは、相手の話が終わってから。
 
「お話を聴いて、このように解釈をしましたが如何でしょうか」 
 
こんなフィードバックをして、お互いで同意を形成していけば。
 
 
 
「人の話を聞け!」なんて、叱られることはなくなります 笑
 
 
 
【Q:相手が言っていることは何だろう?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)
 
Facebookやってます。お友達になりませんか?
 
メールマガジン、好評配信中です。

 - コラム