売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

「ビジネス」とは?

   

本日も当コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
先日、新規ビジネス起ち上げに関するお話を伺いました。
詳細は勿論省きますが、WEB上でのサービスを開始するとのことで。
 
 
 
結論から言うと、何がしたいのかさっぱり分かりませんでした
 
 
 
質問には答えずに、言いたいことばかり。
誰に、どんな価値を提供するのか、 
どこからお金を回収するのかが不明瞭。
 
 
 
感想は一言、「やめた方がいいですよ」。
 
 
 
ここで、皆さんに質問です。
そもそも「ビジネス」とは、どのようなものでしょうか?
 
 

利益を生み出すためのもの?
社会を”回す”ためのもの? 
自己実現?
 
 
 
人によって答えは色々かと思いますが、
僕の答えは「顧客の問題解決」です。
 
 
 
誰の、どのような問題を、どのように解決するか。
それが解決すると、どんなメリットがあるのか。
 
 
 
ビジネスにおいて最も大切なのは、上記2点だと思うのです。
 
 
 
どんなに画期的なサービスでも、高性能な商品でも。
 
どのような問題解決に寄与するのかが不明瞭であるならば、
社会からは支持されません。
 
 
 
それが分かったからこそ、
僕は一度、全てのサービスを停止することにしたんです。
 
 
 
―こんなにいいものなんだ、だから支持されるに違いない―
 
このように考えて商品やサービスを開発する人や起業する人、
非常に多いです。
独立当初の僕もまた、この中の一人でした。
 
 
 
でも上述の通り、ビジネスとは誰かの問題解決です。
 
誰のどんな問題を解決して、どのような価値を提供するのか。
この落とし込みが、僕は不十分でした。
 
 
 
自分なりには、考えていた”つもり”でした。
 
でも、まだまだ甘かった。
だから対象でない方を招き入れたり、トラブルが起きたりしました。
 
 
 
「コーチング」という手法にほれ込むあまり、
サービスの受給者という視点が抜け落ちていたんです。
 
 
 
自分自身の甘さを痛感させられました。
 
 
 

子ども達が須らく夢を語れる社会の実現のため
働く大人を最高に元気にする
 
家庭を最高の幸せ空間にする

 
 
僕の軸は、この2点。
 
この軸を実現させるため。
「コーチング」という手段を通して、
誰の、どのような問題解決に繋げるのか。
 
 
 
僕が一生をかけて、追及していきたい課題です。
 
 
 
【Q:どのような問題を解決しますか?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)
  
メールマガジン、好評配信中です。

 - コラム