理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

「学びの機会」を活かすには?

   

本日も当コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
先日、かもめ大学を主催する高坂翔輔さんのおススメにより、
とあるお金のセミナーに参加しました。
 
 
 
事前に内容を確認しておこうとHPを拝見しようとしたら、
全ての項目にパスワードが必要という秘匿っぷり!!
 
セミナーも会員からの照会がなければ受講できないという、
非常に衝撃的なものでした。
 
 
 
結論から言えば、内容は非常に充実で大満足。
なぜ秘匿するのかの理由にも納得。
 
 
 
何より講師、受講者共に意識が高く、
参加者の「学ぶ目的」が明確であり、
非常に有意義な時間を過ごさせて頂きました。
 
 
 
こんな状況ばかりであれば非常にうれしいのですが、
中にはこんなパターンの人も。
 
 
 
セミナーを受講することが目的になり、実践に繋がらない
 
 
 
「良い話を聞けたね」で終わってしまい、
それで満足してしまうんですね。
 
 
 
セミナーのような学びの機会って、何のためにあるのでしょうか。
 
受講者に内容を理解してもらうため?
 
もちろん、それも大事なことです。
 
 
 
ですが、最も重要なことは。
受講者が実践できるようになるということです。
そのために、セミナー講師は自身のノウハウや経験を伝えてくれるんです。
 
 
  
目的のある、実践に移すための受講であれば、
僕は率先して参加するべきだと思っています。
 
 
 
ですが、実践する気もないのに受講するのは、
何より講師の方に失礼だと、僕は思います。
 
 
  
学びの機会は、実践に移されて初めて「価値」に変わります。
 
世の中には、成功法則や成功している人に学ぶ機会があるにも関わらず。
なぜ、世の中には成功者が溢れていないのか。
 
 
 
それは、学んだことを実践に移す人が少ないからです。
 
 
 
統計によって開きはありますが、
人が学んだことを実践に移す割合は2%程度とも言われています。
 
 
 
少なからず変わりたいと思って学びに来たのに、
実践に移さずにいつもの自分に戻ってしまう。
 
非常にもったいないことだと思います。
 
 
 
いきなり全てを実践するのは、非常にハードルが高いです。
だから、簡単な一歩を先ず設定することが継続のカギです。
 
 
 
学んだことを簡単に出来ることに落とし込んで、
翌日から実践できるようにする、そして実践する。
 
 
 
セミナーに参加するだけで満足していた、過去の自身の反省を踏まえ。
今の僕が、強く意識していることです。
 
 
 
【Q:すぐに始められることは何ですか?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)
  
メールマガジン、好評配信中です。

 - コラム