口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

成果を出すには?

   

本日も当コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
過日、大阪にて売上・集客率アップコーチである、
中村博さんの講座を受講してきました。
 
 
 
コーチングスキルは日々高めている。
でも、うまくいかない。
スキルアップだけでは、ビジネスとして成立しない。
 
では、どうすればいいのだろう?
 
 
 
答えは一つ、上手くいっている人に学べばいいんです。
 
 
 
自分の経験に、最も価値を感じてくれる人は誰なのか。
その「価値を感じてくれる人達」に向けて、
自分はどのような価値提供が可能なのか。
 
 
 
そういったことを学びながら、
僕は「自分がコーチとしてどうあるべきか」を考えています。
 
 
 
やりたいことはたくさんあります。
でも、最初からやりたいことをやろうとしても。
経験も実績もなければ、その理由も根拠もない。
 
 
 
だから、先ずは出来るところから実績を積み上げていく。
そして、どこかのタイミングで「やりたいこと」も同時進行する。
 
  
 
今、中村コーチから上記のようなことを学びながら、
コーチとして成功するための土台作りを始めています。
 
 
 
「成果を出したいのなら、成果を出している人から学べばいい」
 
至極簡単な話なのですが、
これが出来ない人は非常に多いです。
何を隠そう、以前の僕も出来ていませんでした・・・苦笑
 
 
 
なぜか?
理由は単純、以前の僕は変化を恐れていたんです。
 
 
 
自分のやり方では上手くいかないと分かったから、
他者に教えを乞うたにも関わらず。
 
教わったことに不満を並べて、
当時の僕は教わった内容をそのまま実行しませんでした。
 
 
 
当然、うまくいく訳がありません。
で、また違う手法を探しに行く。
この繰り返しでした。
 
 
 
成功する人は、教わったことを素直に実践する人です。
失敗する人は、教わったことを勝手に自己流にアレンジする人です。
 
 
 
素直に実行して、基本が確りと身について、結果が出て。
そして、教わったことを踏まえた上で、自己流のやり方を見出していく。
 
成果を出す人は、このパターンです。
 
 
 
成果を出す前に自己流のアレンジなんぞ加えたところで、
害悪にしかなりません。
 
 
 
以前の僕には、このことが分からなかった。
 
変化を恐れて、つまらない自分の見栄ばかり気にして。
教わったことを素直に実践できなかった。
 
 
 
だから、上手くいかなかったんです。
 
「変わりたい」と言いながら、
今の自分から変わることを恐れていたんです。 
 
 
 
まだまだ素直になり切れていない部分も多々あるけれど、
成果を出す為に、学んだことを素直に実践すること。
 
 
 
それが今後ともに重要な、僕自身の課題です。
 
 
 
もし今、何かの分野で成果を出したいのなら。
 
その分野で成果を出している人に教わり、
素直に実践すること。
変わることを恐れないこと。
  
 
 
それこそが、確実に成果を出す方法だと思います。
 
 
 
【Q:誰から素直に学びますか?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)
  
メールマガジン、好評配信中です。

 - コラム