「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「スキル」があれば問題ないか?

   

本日も当コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
うながし家(か)のつばさです。
 
 
 
僕は昔、「売れない営業マン」でした。
 
同じものを扱っているはずなのに、
なぜか同僚のように売れない。
 
 
 
担当地域の差?
担当顧客の差?
 
 
 
それも多少はあったかもしれないけれど、
僕は「営業スキルの差」だと考えました。
 
 
 
で、営業スキルなどを学ぶために。
セミナーなどに通い始めたわけです、こっそりと 笑
 
当時の僕は、
努力することを「恥ずかしいこと」と考えていましたからね・・・
 
 
 
その結果、どうなったかと言うと!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱり売れませんでした 苦笑
 
 
 
サービスの受け手側は、
提供者側にどんなスキルがあるのかなんて気にしません
興味ないんですよ、そんなところには。
 
 
  
にも関わらず。
僕は「僕(ウチの商品)はこんなにすごいんですよ!」と猛アピールしていました。
 
 
 
完全にピエロでしたね 笑
 
 
 
そして悲しいかな。
コーチになった僕は、当時と同じミスをしちゃった訳です 苦笑
 
 
 
僕が営業で売れるようになったのは、
ターゲットと得意な商品とシチュエーションを絞って、
それ以外を一度捨てて。
 
徹底的に、そこで実績を作り上げたからです。
 
 
 
すると、お客様が新規のお客様をご紹介してくれるようになりました。
別の商品の話も、一緒に出てくるようになりました。
(上手く説明できずに冷汗かいたことも 苦笑)
 
 
 
違う部署の人から「この商品の売り方教えて」と、
問い合わせがくるようになりました。
 
 
 
売上が上がり始めた要因は他にもありますが、
変化が起こり始めたのはそこからでした。
 
 
 
高いスキルは必要ない、と言っているのではありません。
寧ろ、専門家であるならば必須条件でしょう。
 
 
 
でも、スキルばかりを追求しても選ばれる理由にはなり得ません
 
 
 
受け手側が考えることは、常に変わりません。
自分にとって有益か否か、です。
 
どんなに高いスキルであろうと、
相手がメリット感じなければ宝の持ち腐れですよね。
 
 
 
ぼんやりとしたメリットではなく。
どんな人の悩みや課題に対して、どんなメリットを提供するのか。
そのメリットを手に入れたら、対象者はどのように幸せになるのか。
 
 
 
昔は営業マンとして、今度はビジネスコーチとして。
この課題に、再度向き合っていきたいと思います。
 
 
 
【Q:どんな「WIN=WIN」を構築しますか?】    
   
 
 
※ 「いいね!」と思って頂けたら、ぜひシェアしてくださいね! 
 
※ うながし家 香月 翼の公式HPは【こちら】
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しております)

 - コラム