「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「どうしたら」の後に何が続くか?

      2018/04/29

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
どうしてもノルマを達成できなかった、
以前の僕。
 
 
 
そんな僕は、
毎日このように考えていました。
 
 
 
「どうしたら売上があがるだろう」
 
  
 
売上をあげたい!
ノルマを達成したい!
給料もっともらいたい!
周囲を見返したい!
 
 
 
こんなことばかりが、
頭の中を占めていました。
 
 
 
この時点でお気付きでしょう。
 
 
 
当時の僕の頭の中は、
常に「自分のこと」で占められていたことに。
 
 
 
「もうウンザリ」と言われるのを承知で、
敢えてお伝えします。
 
 
 
営業の売るものは「信頼」であり、
その仕事は「お客様の幸せに寄与する」ことです。
 
 
 
当時の僕が考えていたことは、
あくまで自分自身のメリットのみ。
 
 
 
お客様から信頼を得ることも、
お客様のメリットや未来の幸福のことも。
 
 
 
僕は一切考えていなかったのです。
 
 
 
逆の立場で考えれば、すぐに分かること。
自分のことしか考えていない営業マンから、
商品は買いたくないですよね?
 
 
 
営業マンの売上とは、
先に立つものではありません。
 
 
 
先ずはお客様の信頼を得て。
手に入れた情報を元に、メリットを提案し。
お客様の幸福に貢献し。
 
 
  
その後、「報酬」というカタチで売上があがります。
 
 
 
先に売上をあげようとするのではなく。
 
お客様に感謝された結果として、
売上があがる。
 
 
  
順序が逆なのです。
先に売上ありきではなく、
先ずは信頼ありきだったのです。 
 
 
 
この事実に、僕は長年気づけず。
必死になって売上をあげよう、あげようとしていました。
 
 
 
だからこそ。
 
僕は長い間、
ノルマを達成できない営業マンだったのです。
  
  
 
売れない営業マンは
「どうしたら売上があがるだろうか」
と考え。
 
 
 
売れる営業マンは
「どうしたらお客様の幸福に繋がるだろうか」
と考えます。
 
 
 
自分の利益だけを考えた営業活動は、
その心根を見透かされます。
 
 
 
結果、お客様との信頼関係を構築できず。
当然の帰結として、売上もあがりません。
 
 
 
営業という仕事の本質は何なのか。
重ねて言いますが、
それは「お客様の幸福に寄与する」こと。
 
 
 
先ずは「どうしたらお客様に貢献できるか」を。
本気になって考えてみる。
 
 
 
僕自身、
どうすればクライアントにもっと幸せになってもらえるか。
 
 
 
日々、乏しい思考力で模索中です 笑
 
 
 
【Q:どうしたらお客様の幸福に繋がりますか?】 
 
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム