口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

デキる営業は「完璧」を求めない!

      2018/04/29

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
営業マンには、日々準備するものがあります。
見積書、提案書、企画書、社内稟議所・・・etc
 
これらには、結構な手間と時間が費やされます。
 
 
 
売れない営業マン時代。
僕は特に企画書に力を入れていました。
 
それこそ「完璧」を求めて。
 
 
 
それが大きな間違いであったとは気付くことなく
 
 
 
結論から述べますと、
完璧なものなんて未来永劫出来ません
 
 
 
時間だけがどんどん過ぎるだけ。
 
事実、当時の僕の企画は。
時間ばかりかけた割に、質の低いものでした。
 
 
 
では、デキる営業マンはどうかと言えば。
三割できれば他者の意見を求めます
 
 
 
先ずは企画を練ってみる。
そして他者からのフィードバックを元に、
より高い完成度を目指す。
 
 
 
そうして期限までに何度もブラッシュアップされた企画を、
客先に提出するのです。
 
 
 
当時の僕と、デキる営業マンの違い。
 
 
 
当時の僕が望んだものは、自分への評価。
企画を一人で練り上げ、売上をあげる。
自分主体の考え方でした。
 
 
 
一方で、デキる営業マンが常に望むものは、
客先への最大限のメリットを提示することです。
 
 
 
そのためには、完成度を可能な限り高める必要がある。
でも、自分一人では限界がある。
 
 
 
だから、他者の意見を積極的に求めます。
そうして完成度を高めていくことで、
客先により大きな利益をもたらせることを知っているから。
 
 
 
完璧を求めることが、悪いわけではありません。
 
 
 
ですが。
完璧を目指すと、行動が伴わなくなるのも事実です。
 
 
 
こんな完成度では他人に見せられない
こんな出来で、バカにされたらどうしよう
  
 
 
当時の僕が気にしていたのは、
常に他者からの評価のみ。
お客様の利益のことなど、一切考えていませんでした。
 
 
 
営業マンは、お客様に利益をもたらす提案をしてこそ。
自分が他人にどう思われるか、などは関係ないのです。
 
 
 
自分一人で出来ることなど、高が知れています。
だからこそ、同僚や上司を頼る。
 
 
 
先ずは叩き台を作って。
意見を求めて、取り入れて。
完成度を高めていく。
 
 
 
自分一人でやることに拘ることと、
お客様のメリットを最大にするために、
他者の力を求めること。
 
 
 
どちらが有益かは、推して知るべし。
 
 
 
自分の変なプライドよりも、
お客様に最大の利益をもたらすこと。
 
 
 
そんな提案や、
仲間との相互協力関係をこそ。
 
 
 
僕は築いていきたいと思っています。
 
 
 
【Q:「完璧」を手放す効果は?】 
 
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム