口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

お客様の「NO」は怖い?

      2018/04/29

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
営業マン程、
1日に「NO」と言われる回数の多い職業はないでしょう。
 
 
 
売れない営業マン時代。
僕は大体1日20回は「NO」と言われていました。
 
 
 
アポイントで「NO」
提案で「NO」
契約で「NO」・・・
 
 
 
ありとあらゆる場面で「NO」と言われ、
一日が終わる頃には精神的にボロボロ。
 
営業という仕事が、心底嫌いになる瞬間でした。
 
 
 
当時の僕は。
お客様からの「NO」を怖れていました。
 
 
 
自分の人格が否定されるような感覚。
自分はこの社会に必要とされていないんじゃないのか。
 
そんなことを感じながら、日々を過ごしていました。
 
 
 
まぁ、被害妄想だったんですけどね 笑
  
 
 
ビジネスをする以上、「NO」は付きものです。
ですが、その「NO」は。
何に対しての「NO」なのでしょうか?
 
 
 
売れない営業マンだった僕は、
見当違いの提案ばかりしていました。
  
 
 
お客様に関心を抱かず。
お客様のメリットに繋がるものより、
自分の売りたいものを提案していました。
 
 
 
お客様が「NO」と言っていたのは、
そんな僕の見当違いな提案に対してです。
 
 
 
決して、僕の人格を否定していた訳ではありません
 
 
 
営業ノルマを達成できる営業マン程、
お客様の「NO」を怖れません。
 
 
 
寧ろ積極的に受け入れています。
顧客の「NO」が自身の提案を磨くことを知っているからです
 
 
 
売れる営業マンは、
お客様の「NO」を検証します。
 
 
 
時期の問題なのか。
提案そのものなのか。
提案の一部分が受け入れ難いのか、など。
 
 
 
そうやって、「NO」の要因を徹底的に洗い出し。
次回の「YES」に繋げる為の改善を加えます
 
 
 
顧客の返答に一喜一憂しない。
提案が受け入れらえなかったのなら、
次回受け入れられるための準備をするだけ。
 
 
 
売れる営業マン程、
こういったマインドで仕事をしています。
 
 
 
営業においては、
営業スキルがどうしても重視されがちですが。
 
 
 
どれほどスキルを身につけたところで。
こういったマインドが身についていなければ、
必ず苦痛を感じるようになります。
 
 
 
お客様の「NO」は自分への否定ではなく、
自分への「もっと改善してほしい」という期待
 
 
 
「NO」を怖れずに積極的にそこから学ぶこと。
そういったマインドこそが重要であると、
僕は自身の失敗談から感じているのです。
 
 
 
【Q:「NO」から何を学びますか?】 
 
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム