口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

トップセールスの「競争相手」は?

      2018/04/29

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
売れない営業マン時代。
 
当時の僕は、
いつも他の営業マンと自分を比較していました。
 
 
 
またアイツは売れている、うらやましい。
アイツにはまだ勝っている、よかった・・・といった具合に。
 
 
 
他社さんがどうかは存じませんが。
 
僕が以前所属した全ての会社では、
営業マン一人一人の成績を全社員が閲覧することが可能でした。
 
 
 
自意識ばかり無駄に高かった当時の僕(笑)は、
当然のように意識する訳です。
 
 
 
「アイツ使えない」と思われていたらどうしよう?とか。
 
 
 
当時の僕は、
いつも「比較」ばかりしていました。
 
 
 
成績上位者と比較しては凹み。
成績下位者と比較しては、
「アイツよりはマシ」と自分を慰めていました。
 
 
 
残念なヤツですね 苦笑
 
 
一方で、売れる営業マン。
特に、「トップセールス」と呼ばれる人達はどうかと言えば。
 
 
 
もちろん、数字にはこだわっています。
ですが、それ以上に。
自分がより良い提案を出来ているかにこだわっています
 
 
 
よりお客様に貢献できるようになれば、
売上は必ずついてくる。
 
 
 
一時的な勢いだけではない、
本物のトップセールスマンは。
このことを十分に自覚しているのです。
 
 
 
当時の僕のように、
他の営業マンと自分を比較して一喜一憂することなく。
 
 
 
そんなことよりも、
以前の自分よりもバージョンアップ出来ているかどうか。
 
  
 
他人と競うのではなく、
競争相手はあくまで従来の自分です。
 
 
 
より上位にランクインしたからといって。
顧客に貢献できているかどうかは、また別の話。
 
 
 
実際、僕が一時的に営業成績上位に食い込んだ時。
 
お世辞にも当時の僕の営業手法は、
褒められたものではありませんでした。
 
 
 
ほぼゴリ押しに近いやり方でしたしね。
当時の僕は自分のノルマ達成のことしか頭になく、
本当に営業として未熟だったと思います。
 
 
 
数字にこだわること。
社内での順位にこだわること。
営業マンとして、大事な気質だと思います。
 
 
 
ですが、それ以上に。
 
 
 
以前より、もっとお客様に貢献できる提案をすること。
昨日の自分より、一歩進んだ自分になること。
 
 
 
他者と競うよりも、先ず昨日の自分を超えること。
よりお客様に貢献できる道を模索すること。
 
 
 
そのことこそが、トップセールスに至る道だと。
今の僕は、そのように思うのです。
 
 
 
【Q:以前の自分と比べて、どうですか?】 
 
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム