現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で顧客を獲得し、起業する方法 ~ 

*

セールスは何故「嫌われる」のか?

   

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
先日、セールスを研究するグループを起ち上げました。
 
そして「なぜセールスは敬遠されるのか?」
という問いかけに対し。
 
ある方が以下のように仰いました。
 
 
 
「誰もが一度は質の悪いセールスに出会っている」
  
 
 
おそらく、あなたもご経験済みかと思います。
 
量販店などで商品を見ていたら、
此方の話も聞かずに一方的な営業トークをされたこと。
 
 
 
こういった場合。
恐らくは大多数の人が、白けて出直すでしょう。
 
 
 
こういった経験が積み重なると、
以下のようなイメージが定着します。
 
 
 
「セールス=相手に(無理に)売り込むこと」
 
 
 
セールスに対し、
マイナスイメージを持ってしまうのですね。
 
 
  
売れない営業マンに、
共通する項目があります。
 
 
 
それは、セールスに嫌悪感を抱いていること
 
 
  
売れない営業マンは、
セールススキルを必死で磨こうとします。
自分が売れないのはスキルが低いからだ、と思って。 
 
 
 
実際、ロールプレイを拝見すると。
ベテランよりもずっと上手に、
セールストークを展開する若手もいます。 
 
 
 
でも、売れない。
その理由は上記の通り。
自分で自分の職業=セールスを貶めているから
  
 
 
セールススキルを学ぶことは、当然重要です。
ですが、それ以上に重要なことがあります。
 
 
 
それが、
セールスに対するイメージを書き換えること。 
  
 
 
どんなに素晴らしい商品でも、
それが広く認知されなければ売れません。
 
 
 
売れない商品はどうなるか?
当然、人知れず消えていくのです。
 
 
 
ひょっとしたら。
 
その製品を知っていたら、
長年の苦しみから解放されていた人がいたかもしれない。
 
  
 
その製品が手元にあれば。
今、目の前のトラブルをすぐ解決できたかもしれない。
 
 
 
セールスの役目は、そこです。
  
セールスとは。
相手に不要なものを売りつける仕事ではありません。
 
 
 
セールスとは。
知らないことで被害を受けている人に、
正しい知識をお届けすること。
 
 
 
その正しい知識を正しく活用して頂くことで、
相手を幸福に導くプロであること
 
 
 
セールスとは敬遠されるものではなく、
称賛される職業であること。
 
 
 
トップセールスは、セールスに誇りを持っています。
自分の仕事は顧客を幸福に導くものだと、
信じて疑わないのです。
 
 
 
だからこそ、トップセールスなのです。
 
 
 
セールススキルも大事ですが、
先ずはセールスに対するイメージを書き変えること。
 
 
 
売れる営業への第一歩は、ここから始まります。
 
 
 
【Q:セールスの役割は何ですか?】
 
  
※ お金の授業実施します:【2030年 お金に困らない大人の授業】 
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 
※ 香月のFacebookアカウントはこちらです。
 

 - 未分類