売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

「営業は人を成長させる」の根拠。

      2018/05/04

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
「ビジネスで大事なことは、全て営業が教えてくれた」
「営業は人を成長させてくれる職業」
 
 
 
ビジネスコーチになって以降、
僕は常々このようにお話させて頂いています。
 
 
 
長年売れない営業マンだった僕は、
営業という職業が大嫌いでした。
 
 
 
そんな僕が、なぜ今は上記のような発言をするのか。
今回は、その根拠を述べたいと思います。
 
 
 
営業職の特徴に、こんなものがあります。
 
それは、他のどの職種よりも。
顧客から「NO」を突き付けられる場面が多いこと。
  
 
 
アポイント、提案、条件交渉その他諸々。
営業は様々な場面で顧客に「NO」と言われます。
 
 
 
当時の僕は、
この瞬間が大嫌いでした。
まるで自分自身を否定されたような気がしたからです。
 
 
 
こうして僕は長年、多くの「NO]を積み重ねてきました。
 
そして後年、売れるようになってきて。
こんなことに気付きました。 
 
 
 
顧客の「NO」の積み重ねが財産になっている、と。
 
 
 
なぜ、以前はアポイントを断られたか。
なぜ、あの提案は顧客に受け入れられなかったか。
なぜ、自分は顧客と円滑な関係を築けなかったか・・・等
 
 
 
一つのキッカケで急に売れるようになった僕は、
今までの「NO」を検証しました。
 
 
 
そのうえで気付いたことや、
それでも納得がいかなかったことなどを。
売れっ子の同僚に確認していきました。
 
 
 
一体、自分の何が悪かったのか?と。
 
 
 
結論から言えば。
僕は自分が悪いと欠片も思っていなかったんです 苦笑
  
 
 
顧客がワガママ、
顧客がケチ、
顧客が、顧客が、顧客が・・・
 
 
 
全て顧客の所為にして、
僕は顧客の「NO」から何一つ学んでいなかったんです。
 
 
 
トップセールスといえど、
顧客から「NO」と言われることは当然あります。
 
 
 
でも、彼らは「NO」を即座に受け入れます。
成長の機会を与えてもらったと捉えているんです。
 
 
 
単にタイミングの問題だったか、
顧客のニーズを十分に掘り起こせなかったか、
それともニーズそのものを読み違えたか 等
 
 
 
徹底的に「NO」の要因を検証して、
次回提案の勝率を上げていく努力をします。
 
 
 
だから彼らはトップセールスなんです。
 

 
 
顧客の「NO」は単に提案に対するものであり、
人格否定ではありません。
 
 
 
それを拒絶するのではなく、
受け入れて学ぶことで。
 
より素晴らしい提案が可能になります。
 
 
 
どの職種より「NO」と言われるからこそ。
どの職種より学び、成長できる。
 
 
 
僕はそう結論付けています。
 
 
 
【Q:その「NO」から何を学べますか?】
 
  
※ お金の授業実施します:【2030年 お金に困らない大人の授業】 
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム