コトバ集客プロデュース【コトプロ】

~あなただけの魅力を、理想のお客様に一番響く言葉で~

*

「結果が全て」は真実か?

      2018/05/04

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
売れない営業マンだった僕が、
誤った手段で一時期”売れてしまった”時期がありました。
 
 
 
相手が反論の全てを言い終わる前に、
“正論”を被せる。
 
 
 
不安を煽って、上から目線で提案する。
 
 
 
今日この場でサインしなければ、
もうこの価格は出せない。
 
限定的な価格であることを強調する、等々。
 
 
 
こういった手法で売上を上げてしまった僕は、
「このやり方が正しい!」と思い込んでしまいました。
 
 
 
この当時、僕の頭にあったのは。
自身の「営業ノルマ達成」のみでした。
 
  
 
ここで、香月のコラムで毎度確認すること。
ビジネスとは、どういったものでしょうか?
 
 
 
くどいようですが、何度でも繰り返します。
ビジネスとは、顧客の課題解決
 
 
 
であるにも関わらず。
当時の僕は「自分の課題解決=ノルマ達成」、
それしか念頭にありませんでした。
 
 
  
「売上を上げる為には何をやっても良い」
「結果が全て」
 
そんな危険な考え方が浮かんでいました。
 
 
 
ですが、結果は過程を正当化しません
 
 
 
ある意味「押し売り」に近い営業をしていた僕は、
顧客から避けられるようになり。
 
当然売上は上がらなくなり、
再び売れない営業マンに逆戻りしてしまいました。
 
 
 
僕が再び転落した理由は明白。
即ち、ビジネスの原理原則を認めていなかったから。
 
 
 

ビジネスは顧客の課題解決
営業マンの提案は、顧客を幸福に導くもの
その感謝の証として、売上が上がる
 

  
 
当時の僕は、
こういった原理原則を「キレイゴト」と一笑に付していました。
 
 
 
ビジネスは結果が全て。
 
その過程で何をしても、
結果が伴えば正当化される。
 
 
 
当時の僕はそのように考えていましたが、
結果はご覧の有り様。
 
 
 
基本を無視した”裏技”では継続的な結果は出せない
 
 
 
僕がそのことを思い知るのは、
もう少し後の話。
 
 
 
仕事で結果が出ないと、本当に焦ります。
辛いし苦しいし、
自分が何のために頑張っているのか分からなくなります。
 
 
 
だからこそ、原理原則を無視してはいけない。
 
結果が伴わない時だからこそ。
自分の仕事が本当に顧客の為になっているのかを、
もう一度真剣に考えてみる。
 
 
 
過程も結果も、どちらも大事。
正しい過程を踏むからこそ、正しい結果がついてくる
 
 
 
以前の失敗から、僕が思い知らされたことです。
 
 
 
【Q:結果が全てですか?】
  
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 今年もやります、無人島ツアー:【第4回 無人島体験記
 
※ お金の授業実施します:【2030年 お金に困らない大人の授業】 
  
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム