現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

トップセールスは「人を動かす」?

      2016/07/21

人が動く時は、必死さと真剣さが伝わった時。
 
~ 岡田 武史(元 サッカー日本代表監督) ~
 

 
本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
近年「人に動いてもらう」というテーマの著書が、
数多く出版されています。
 
  
 
僕も心理学を学ぶ関係上、
何冊かこういった類の本を拝読しましたが。
以下のように結論付けています。
 
 
 
自分の目標達成のためには、
他人に動いてもらうことが重要。
 
そして、そのためのスキルが紹介されています。
 
 
 
何か大きな目標を成し遂げるには、
他人に動いてもらう=助力が不可欠
その考えに、異論はありません。 
 
 
 
ただ、そのためのスキルを教えるというのが、
僕にはどうにも”しっくりこない”のです。
 
 
 
かつて売れない営業マンだった頃、
僕はこの”人を動かすスキル”を学ぼうとしました。
 
 
 
本やセミナーで見たこと学んだこと。
それらを客先で実践して、
自身のノルマ達成に役立ってもらう。
 
 
 
高額案件の情報を入手したり、
重要人物を紹介してもらったり。
 
僕の頭の中では、
自分に都合の良い妄想が展開していました 笑
 
 
 
結果、どうだったかと言うと・・・
 
 
 
もうお分かりですよね。
全く成果は出ませんでした。
 
 
 
その一方で、トップセールスは。
顧客だけでなく同僚までが、
いつもその人のために動いてくれます。
 
 
 
当時の僕とトップセールスの、
その差を生んでいたものは一体何だったのか。
 
後年僕は、その答えを思い知ることになりました。
 
 
 
結論から言えば、
トップセールスは常に真剣なんです。
 
 
 
大きな顧客(案件)だから真面目に、
小さなものなら適当に。
僕は以前、このように区分けしていました。
 
 
 
接する相手や案件の重要度などで、
僕は態度を変えていたんです。
 
 
 
まぁ、普通に考えても応援されないですよね 苦笑
 
 
 
一方、トップセールスは違います。
 
顧客であろうが同僚であろうが、
須らく敬意を持って接する。
常に真剣に仕事に取り組む。
 
 
  
トップセールスは、人を動かそうとはしていません。
彼らの普段の行いを見て、
周囲が自然と動いているのです。
 
 
 
決して、スキルありきの話ではありません。
 
 
 
大きな物事を成し遂げるには、
他者の助力は必要不可欠。
 
 
 
それを踏まえた上で。
普段の自分の振る舞いは、
他者が応援したくなるものか。
 
 
 
人は動かそうとして動くものではない、ということ。
 
人が動いてくれるかどうかは、
日常の自分の真剣さにこそ起因しているのだと。
  
 
 
当時の失敗から、
僕はこのように結論付けています。
 
 
 
【Q:常日頃から真剣ですか?】
  
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 今年もやります、無人島ツアー:【第4回 無人島体験記
 
※ お金の授業実施します:【2030年 お金に困らない大人の授業】 
  
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 
 

 - コラム