現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

セールスの「両輪」とは?

      2016/07/21

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
売れない営業マンだった当時の僕の話。
 
 
 
人一倍自意識過剰だった当時の僕は、
自分が「売れない営業マンである」
という事実に耐えられませんでした。
 
 
 
だから、「営業スキル」を磨こうとしました。
 
 
 
結果として一時的に売上は伸びたものの、 
売れる状態が継続することはありませんでした。
 
 
 
企業の営業職という枠から出て、
ビジネスコーチになってから。
 
初めて気付いたことがあります。
 
 
 
それは、営業にとって重要なのは。
スキルとマインド、双方を備えること。
 
 
 
商品知識は当然のこと、
それを分かりやすく伝える話し方や提案力。
 
 
 
こういった営業スキルが全くなければ、
どれほど好かれる人であっても売れません。
 
 
 
しかし同様に、
スキルを磨き上げた営業マンであろうとも。
 
 
 
マインドの低い営業マンは、
継続的に売上を上げることが出来ないのです。
 
 
 
一時的に売れるようになった頃、
相変わらず僕は、
営業職に嫌悪感を抱いていたんです。
 
   
 
そういった気持ちは、
必ず相手に伝わるもの。
 
 
 
どれだけスキルを磨いても、
結局は売れない営業マンに逆戻りしてしまいました。
 
 
 
営業だけでなく、全ての仕事に言えること。
それは・・・
 
 
 
「仕事に誇りを持てない人は結果は出せない」
 
 
 
僕が再び売れるようになった切っ掛けは、
半ばヤケクソで一切の売り込みをやめたこと。
 
顧客の話をひたすら聴いていたら、
相手の望みがぼんやりと伝わってきたこと。
 
 
 
その”望み”を具体化し、提案するようになって。
顧客から「有り難う」という言葉を頂けるようになって。
 
 
 
僕は初めて、
営業という仕事に誇りを持ち始めました。
 
  
 
トップセールスの条件。
それは、たくさんの”有り難う”を集められる人
 
 
 
本来の営業とは、
感謝される仕事であるべきなのです。
 
 
 
営業と言う仕事の本質は。
 
顧客の望みを具体化して、
それを叶えるお手伝いをすることだったのだと。 
 
 
 
僕はその事実に気付かず。
自分本位の考えで仕事をして、
結果として自身の仕事を嫌っていました。
 
 
 
だからこそ、
結果を出し続けることが出来なかったのです。 
 
 
 
スキルだけでも、
マインドだけでもダメ。
 
 
 
確かなスキルを身につけ、
「自分は顧客の役に立つ」という誇りを持つ。
 
 
 
この”両輪”が揃ってこそ。
 
一時的なものではなく、
継続的に結果を出すことが出来るのだと。
 
 
 
過去の経験から、僕は学びました。
 
 
 
【Q:スキルとマインド、双方を備えていますか?】
  
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 今年もやります、無人島ツアー:【第4回 無人島体験記
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム