口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

「成功」の秘訣は?

      2016/07/21

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
売らない営業術:ノルマ達成コーチの香月 翼です。
 
 
 
以前にも主張しましたが。
 
僕は「成功」とは、
するものではなくさせて頂くものだと考えています。
 
 
 
どれだけ緻密に自身にとっての「成功」を定義し、
そのための行動を積み重ねても。
 
自分一人の力では、「成功」なんて叶いません。
 
 
  
ビジネスの成功とは、
必ず他者によってもたらされるものです。
出会い、学び、気付き、協力、援助 等によって。
 
 
 
だからこそ
他者との信頼関係構築は、
成功の絶対条件と言えるでしょう。
 
 
 
尤も。 
成功したいから他者と信頼関係を構築しようなんて思考は、
そもそもにして論外ですが。
 
 
 
一般的に。
人が他人に好意を持つ要素に、
「お互いの共通点の多さ」が挙げられます。
 
 
 
自分と共通点の多い他人に、
人は好意を抱きやすいのだそうです。
 
プロ野球のファン同士がすぐ仲良くなるのと同じ、
そう言えばイメージしやすいでしょうか。
 
 
 
では、目の前の人との共通点や関心事を探すには、
どうすれば良いでしょうか?
 
 
 
ここが、今回のコラムのポイント。
僕は目の前の相手に本気で関心を抱くことだと考えます。
 
 
 
例えば、名刺交換をした場合。
 
早々に渡した名刺を仕舞いこんで、
自分の話ばかりする人がいます。 
 
 
 
まぁ、一昔前の僕自身の話ですが 苦笑
 
 
 
こういった人物と、
ゆっくりと話をしたいと思うでしょうか?
 
僕はそうは思いません。
 
 
 
逆に目の前の人物が、
自分の名刺を隅々まで見てくれて。
色々と質問してくれたとしたら?
 
 
 
それだけで親近感が湧きますし、
此方も「この人のことをもっと知りたい」と思うでしょう。
 
 
 
プロとしての意識と実力を持つ。
成功の定義を明確にし、曖昧な表現を使わない。
 
 
 
こういったことも、
成功するにはとても重要な要素だと思いますが。
 
 
 
出会いの一つ一つを大切にしているか。
目の前の人に、本気で関心を抱けるか。
一瞬一瞬を、疎かにしていないか。 
 
 
 
こういった「小さなこと」の積み重ねが、
大きな「成功」となって目の前に現れる。
  
僕は、そのように考えています。
 
 
 
「一期一会」とは、本当によく言ったものですね。
 
 
 
【Q:目の前の人の関心事は何ですか?】
  
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 今年もやります、無人島ツアー:【第4回 無人島体験記
 
※ 売らない営業術:ノルマ達成コーチ 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)
 

 - コラム