「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【成果が伴わない時に如何するか?】

   

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
 
売れ続けるセールス育成のプロ!
売らない営業術:ノルマ達成トレーナーの香月 翼です。
 
 
 
売れない営業マンから売れるようになる過程で、
僕はこんなことを経験しました。
 
 
 
他社で上手くいった提案が、
別の提案先で上手くいかない。
 
 
 
条件などもほぼ同じ、
なのに期待した成果が出ない。
 
クレームになったこともありました。
 
 
 
そんな時、
当時の僕はどうしていたか。
 
 
 
中途半端に自信をつけ(てしまっ)た僕は、
他社では実績が出ていることをデータで説明。
 
上手くいかないのは其方の責任だと、
突っぱねてしまったんです。
 
 
 
結論から言うと、
その後この客先とは疎遠になってしまいました。
 
 
 
顧客との信頼関係が試されるとき。
 
それはビジネスが上手くいっている時よりも、
寧ろ上手くいかなかった時でしょう。
 
 
 
顧客と関わり、お金を頂く以上。
「相手に必ずメリットをもたらす」
という意識は必須です。
 
それがなければ、ただの詐欺師ですからね。
 
 
 
ですがビジネスには、
時に成果が伴わないケースもあります
 
どれほど秀逸な製品やサービスでも。
使えば100%成果を保証できるものは存在しません。
 
 
 
だからと言って、
 
「契約書の内容に間違いはない」
「余所では成果が出ている」
「成果が出ないのはあなたの責任」
 
などと言われたら、どうなるか?
 
 
 
関係性はあっと言う間に崩壊しますね。
 
 
 
顧客だって、
100%成果が出ないことは分かっています。
 
そんな理屈が分かっているからと言って、
簡単に納得できる訳でもありません。
 
 
 
成果が出ない時にこそ、
逃げない姿勢を示すことが重要です。
 
 
 
例え望んだ成果が伴わなくとも、
出来る事を徹底的に実施すること
 
 
 
それこそが、
顧客との信頼を失わない唯一の方法。
 
僕は過去の経験から、
そのように結論付けています。
 
 
 
必ず成果を出す気で関わる。
 
万が一成果が伴わなければ、
自分に出来る最大限の対応をする。
 
 
 
顧客に選ばれ続けるセールスには、
こんな特徴があるんです。 
 
 
 
【Q:成果が出ない時、どうしますか?】
  
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
8/16(火)、メルマガ配信開始します!詳細は【こちら】から
  
※ 売らない営業術:ノルマ達成トレーナー 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム