「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【「人の繋がり」もセールスの武器】

   

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
 
売れ続けるセールス育成のプロ!
売らない営業術:ノルマ達成トレーナーの香月 翼です。
 
 
 
営業マン時代。
僕は常に「自分の売上になるかどうか」でしか、
物事を判断していませんでした。
 
 
 
自社製品に関係ないことを相談された際、
「いや~、僕は門外漢なんで」
そう言って、聞き流していました。
 
 
 
門外漢と言うものウソではないのですが。
 
「売上と関係ないことは一切したくない」
というのが、当時の僕の本音でした。
 
 
 
もったいないことしたな~!と思っています
 
  
 
営業マンの「商品」は、
何も自社のものに限った話ではないんです。
 
 
 
営業マンは、毎日何人もの人に会います。
 
日々の営業活動だけでなく、
研修や異業種交流会などでも。
 
 
 
営業を一年間やるだけでも、
千人は会えるでしょう。
 
 
 
この「人との繋がり」こそが武器になります
 
 
 
顧客の現在の悩みが、
自身の商材と何ら関わりがなかったとしても。
 
 
 
出会った人脈の中で、
その悩みを解決できる専門家がいるかもしれません。
 
 
 
そうなったら、しめたもの。
 
「こんな人知ってますけどご紹介しましょうか?」
顧客にそう提案することが出来ます。
 
 
 
了承をとったうえで、専門家に連絡。
あとは顔合わせのセッティングをするだけです。
 
そこから先は、当事者同士の話し合いですからね。 
 
 
 
ここまでで、自身の「利益」はゼロ。
ですが、「後に得られる信頼」は非常に大きいです。
 
 
 
人は誰かに何かをしてもらうと、
多くの場合がそれに応えようと考えます。
(返報性の原理というヤツです)
 
 
 
顧客は、
何ら関係の無い悩み相談に対応してくれたことに。
 
専門家は、
わざわざ見込み客を紹介してくれたことに。
 
 
 
それぞれ「借り」を作ったと感じます。
 
 
 
そうなると、
まず間違いなく顧客からの信頼度は増します。
 
加えて、
紹介した専門家から紹介をもらうこともあります。
 
 
  
信頼から派生した紹介は、
多くのケースで案件に発展します。
 
 
 
営業マンの役割は、
自社製品を販売することだけではありません。 
 
 
 
何度も繰り返した話ですが、
営業マンの役割は顧客の幸福に寄与すること
 
 
 
であるならば、
情報や人脈を提供することも。
営業マンの役割の範疇です。
 
 
 
自社の製品に限定せず、
「顧客にとってのメリットは何か」
を、真剣に考えてみる。
 
 
 
それが積もれば、
「何かあったらあの営業マンに相談しろ」
と客先で言われるようになります。
 
 
 
「提案に詰まった」
 
そんな時は、
自身の人脈の中に活路を見出しては如何でしょうか。
 
 
 
【Q:信頼できる人脈をつくっていますか?】
  
  
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
  
※ 売らない営業術:ノルマ達成トレーナー 香月 翼のサービスはこちら
  (トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム