「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【「アプローチ」は都度変える】

   

毎度コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
学生時代、
とある集まりで「合コンやろう!」となりました 笑
 
 
 
数合わせで参加し(させられ)た僕は、
何故か、いつの間にか幹事にΣ(゚Д゚)
 
 
 
結局、知人女性に協力をお願いし。
めでたく(?)決行となりました。
 
 
 
で、当日。
男性メンバーの一人は、
僕の知人女性が気になったようで。
 
 
 
怒涛の「アピールタイム」勃発!
隣の僕がドン引くほどに。
 
 
 
終了後、当の本人は、
実に「やりきった感」満載だったのですが。
 
 
 
後日、
知人女性に協力のお礼がてら連絡すると。
案の定「ちょっと困った」とのことでした。
 
 
 
明らかに相手は引いていたのに。
 
本人は自分の言いたいことばかり、
勢いよく言っていましたからね。
 
 
 
これでは、
上手くいくものもいかないでしょう。
 
  
 
ということが、
プライベートで理解していたにも関わらず。
 
 
 
何と言うことでしょう。
 
営業マンになった僕は、
これと同じことやっていたんです(-_-;)
 
 
 
ご担当者が明らかに
「もう終わらせたい」と感じているのに。
 
 
 
僕は「逃がさない」とばかりに、
営業トークを展開。
 
 
 
こんなことやってても売れるはずないのに、
当時の僕は全く気付けませんでした。
 
 
 
「ウザさも続ければ熱意になる」
これも一つの真理です。
 
 
 
実際、
最初は全く相手にされなかった女性に。
  
長年のアプローチの末、
ついにその恋が実った!
 
 
 
なんてことも多々ありますし。
 
 
 
まぁ、
一歩間違えればストーカーですけど(-∀-;)
 
 
 
ですが、コミュニケーションで一番重要なのは。
相手との”トーン”を合わせることなんです。
  
 
 
声、表情、感情、姿勢、思考 距離感 等々。
 
こういったものを相手と合わせることで、
コミュニケーションは円滑になります。
 
 
 
相手のトーンを見極めて、
アプローチの仕方を変える。
 
これが重要なんですね。
 
 
 
ガチガチの論理思考の方に、
「毎度!儲かりますか!?」
なんて挨拶しても。
 
 
 
一言「遊びに来たなら帰って」と言われます。
 
 
 
江戸っ子な方に、
ガチガチの論理を展開しても。
 
 
 
「やかましいわ」と一蹴されます。
 
 
 
尚、上記は僕の営業マン時代の、
極端な失敗例です 苦笑
 
 
 
相手の気分が盛り上がっているのなら、
此方も盛り上がる。
 
 
 
相手が静かに考え込んでいるのなら、
此方も静かに待つ。
 
 
 
僕が売れない営業マンから、
ノルマ達成し続ける営業に変わった点。
 
この「相手に合わせてアプローチを変える」
非常に意識していたことです。
 
 
 
営業アプローチの基本であり、
且つ重要なポイントです。
 
 
 
相手のトーンは、どうなのか?
それに合わせて、どんなアプローチをすべきか? 
 
 
 
こういったことを、
日々の営業活動で意識していきたいですね。
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!
 
 
 
【Q:目の前の顧客は、どんな状態ですか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム