口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【トップセールスは”自問”が違う】

   

毎度コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
 

売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
今後の話ですが。
ちょっとやってみたいことがあるんです。
 
 
 
ですが、今の僕には。
 
何をどうすれば「それ」が出来るのか、
さっぱりすっぱり分かりません!
 
 
 
「どうすれば出来るかな?」
「誰に聞いたら分かりやすいかな?」
「それが出来たら、どんな景色が見えるかな?」
 
 
 
こんなことを考えていると、
ものすごく楽しくなります 笑
 
 
 
-捕らぬ狸の皮算用-
 
そう言われればそれまでですが。
僕のモチベーションは、
圧倒的に高まっています。
 
 
 
達成できる前提で考えているんです
 
だから、悩まない。
迷った時は、
知っていそうな誰かに聞いてみればいい。
 
 
 
そう思っていますから。
 
 
 
必要な行動を重ね、
求める結果を手繰り寄せる。
 
セールスと全く同じですね。
  
 
 
さて。
売れない営業マン時代の僕が、
提案に「NO」と言われた時。
 
いつも以下のように考えていました。
 
 
 
「なんでダメなんだろう」
「なんで他の営業マンみたいに出来ないのか」
 
 
 
こんなことを、
いつも考えていたんですね。
 
 
 
そうすると、
たくさん浮かんでくる訳です。
自分の「ダメな理由」が、次々と。
 
 
 
そしてますます落ち込み。
自信なさげに顧客に提案して。
 
上手くいかずに、もっと落ち込む。
 
 
 
当時は全く自覚できませんでしたが、
当時の僕は完全に。
 
「売れないループ」の中に入り込んでいました。
 
 
 
そんな売れない営業マンだった僕が、
売れ続ける営業マンになった時。
 
僕の自問は、
これまでと全く変わっていました。
 
 
 
顧客に御礼を言われたら。
「次はどうしたらもっと喜んでもらえるか」
 
提案を否決されたら。
「次は何があれば”YES”をもらえるか?」
 
 
 
このように変化したんです。
 
 
 
以前の僕は、無意識に。
上手くいかない理由を探していました。
   
それを見つけて落ち込んで、
ますます売れなくなっていきました。
 
 
 
売れるようになった僕は。
「もっと上手くいくには?」
と自問するようになりました。
  
 
 
これを教えてくれたのは、
とある実業家の方でした。
 
 
 
半信半疑で実践したら、
一年くらいして急に思考が切り替わったんです。
 
 
 
出来る前提で考えること
そのための問いかけを自らにすること

 
 
 
その大切さを、
最近改めて思い知る機会がありました。
 
 
 
再度僕に気付かせてくれたのも、
また実業家の方でした 笑
 
 
 
上手くいかない理由を自問するより、
上手くいくには?を自身に問いかける。
 
 
 
出来ない自分に自信を失くして、
行動を止めるより。
 
 
 
出来る前提で考える。
自分を信じる。
 
 
 
自分で自分を信じられないのなら、
「自」分を信じてくれる人を「信」じる

 
これも立派な「自信」です。
 
 
 
大丈夫。
あなたなら、きっと出来ます!
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:どうなれば、もっと上手くいきますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム