現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

【成果は”セールス”のイメージ次第!】

   

毎度コラムをご覧頂き、ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
唐突ですが、質問です。
 
 
  
「ドクター」
この単語に、どんなイメージを持ちますか?
 
 
 
多くの場合、
以下のような回答が得られます(実証済み)。
 
 
 
曰く
・頭良さそう
・高給
・特別 等々
 
 
 
たまに悪いイメージもありますが(笑)、
概ね「特別視」されています。
 
 
 
一方で。
 
僕が「セールス」のイメージを聞いた時は、
以下の通り。
 
 
曰く 
・売りつけられそう
・ノルマきつそう
・絶対やりたくない
・精神的にしんどそう 等々
 
 
 
まぁ出るわ出るわ、
負のイメージのオンパレード!苦笑
 
 
 
正味の話、
日本では「セールス」という言葉自体に。
 
強い忌避感や嫌悪感。
こういった感情を抱く人が多いです。
 
 
  
高度経済成長期の、
日本の営業スタイルは。
 
所謂「奪う営業」でした。
 
 
 
新商品の購入を次々促し、
まだ使えるものを捨て。
 
 
 
必要性のないものを、
必要だと言って売りつける。
 
 
 
「浪費=正しい消費活動」
 
こんな思い込みが、
売る側にも使う側にも。
 
双方に、まかり通っていました。
 
 
 
ですが、今は違います。
 
セールスに必要とされるのは、
相手に「如何に与えるか」という視点
 
 
 
セールスとは。
 
顧客を口説き落とすことでも、
説得することでもありません。
 
 
 
セールスとは、
正しく価値提供
 
 
 
顧客がその情報を知らないために、
知らず被っている損害を。
  
プロとして、
正しい知識を正しくお伝えすることで。
 
 
 
顧客に圧倒的な成果をもたらす専門家。
 
 
 
本来のセールスの在り方とは。
 
何度もお伝えするように
「顧客の幸福実現サポーター」なんです。
 
 
 
売り込む営業マンは嫌われます。
自分の売上中心に話をしますから。
 
 
 
でも、
「顧客に成果をもたらす専門家」であれば。
 
顧客は無碍には扱いません。
 
 
 
加えて営業マンに
「自分は顧客に成果をもたらす専門家である」
という自覚があれば。
 
 
 
顧客に自信をもって、
「あなたのお役に立てます」と言えます。
 
 
 
スキルがあるのに成果が出ない人には、
ある特徴があります。
 
 
 
それは、 
スキルより「自信」が足りないこと
 
自分のやっていることを、
自分が信じていないんです。
 
 
 
セールスは、
顧客への価値提供の手段。
  
自分は、
顧客の幸福実現サポーター。
 
 
 
こんなイメージを持てば、
手にする成果は圧倒的に変化します。
 
 
 
もし今。
 
あなたがセールスに、
誰かからお金を頂くことに。
 
忌避感を抱いているのなら。
 
 
 
ぜひ、ご自身のイメージを。
上記のようなものに差し替えてください。
 
 
 
自身の抱くイメージが変われば、
成果も変わりますので。
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:セールスにどんなイメージを抱きますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 期間限定で募集中!【無料メールコンサルティング
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム