売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

「誰」を大事にしてる?

   

こんにちは、うながし家のつばさです。
 
 
さて、昨日ホームページでもお伝え致しましたが、
10月31日(土)~11月1日(日)の二日間にて。
長崎県の無人島でワークショップ開催致します。
どんな内容かは、こちらでご確認ください。
ご応募、お待ちしております~。。
 
 
さて。
皆さんは「友人」と呼べる方が、周りに何人いらっしゃいますか?
 

昨日のコラムで、僕はこう書きました。
「シンプルにしている」と。
これは、人間関係も同様です。
僕は定期的に、人間関係も断捨離しています
 
 
ご批判もあるかと思います。
なんて冷徹なヤツだ、傲慢なヤツだ、と。
でも、ここで一つ。
皆さまに問いかけたいことがあります。
 
 
付き合いたくない人と、無理して付き合っていることはないですか? 
 
 
日本人の傾向として、こんなものがあります。
それは
「既に振り向いてくれている人を蔑ろにし、振り向いてくれない人のために一生懸命尽くす」
というもの。
これを実践してしまっている人、
老若男女問わず非常に多いように感じています。
  
 
かつて、僕もそうでした。
性格最悪の僕をまだ友人だと思ってくれている人達を蔑ろにし(泣)、
自分と反対向いている人の関心を引こうと必死でした。
 
 
今にして思えば、非常に不毛な時間だったと思います。
 
 
「狭い範囲で付き合え」と、言っている訳ではありません。
「優先順位を間違えてはいけない」と、お伝えしています。
  
 
自分のことを大事にしてくれる人を蔑ろにして。
自分に関心がない、ヘタをすれば苦痛をもたらす人のために時間を使う。
 
 
それは自分を蔑ろにしているのと同じではないでしょうか。
 
 
学生時代、いつも他人優先の人がいました。
自分の用事を調節してでも、他人のために動いていました。
周りはそんな人のことを、「都合のいいヤツ」として使っていました。
 
 
その人が何を思ってそのような行動をしていたか、
今となっては分かりません。
ですが、彼は幸せだったとは、僕はどうしても思えないのです。
仮にあなたの大事な人が、こんなふうに動いていたら。
あなたはどう思いますか?
 
 
「もっと自分を大事にしろ」と、そう伝えるのではないですか?
 
 
僕は自分の中に、
「どんな人と付き合っていきたいか/出会いたいか」
という明確な軸を作っています。
そこから外れている人とは、正直な話お付き合いしていません。
 
 
会えばグチ、他者への悪口や批判、マイナスな発想 等々。
こういった人とは、例え昔からの付き合いだったとしても。
どんなに現時点で立場のある人でもお付き合いしません。
 
 
逆に、僕よりずっと年下でも。
前向きで向上心に溢れた人とは、僕は敬意を持って接しています。
それが未だ学生であろうとも。
 

しがらみや付き合いの長さに囚われて。
必要のない人間関係を築いてしまってはいませんか。
それがために自分自身を。
そして、本当に大事な人達との時間を。
蔑ろにしてしまってはいませんか。
 
 
人生は一度きり、そして時間は有限です。
人生をより豊かなものにするには、
僕たちは「誰に/何に時間を割くべきか」を。
もっと真剣に考える必要があると思います。
 
 
合わない人達とは、ケンカ別れをする必要性はありません。
ただ、ことごとく「その人の発言内容と逆のことを言えばいい」だけです。
例えば、
「はぁ~、今日もダルイよね」
と問いかけられたら、
「いや、すいません!僕、心身ともに絶好調なんですよ!」
といった具合に 笑
 
 
これやるだけで、人間関係が変わります。
今の人間関係は、自分の普段の発言内容に大きく起因しています。
人間関係を好転させたいと思ったら、
先ずは自分自身の発言内容をもう少し振り返ってみてください。
 
 
ちなみに僕は、
「いかに自分が不用意で不快な発言ばかりをしていたか」
を、思い知ることになりました 泣
  
 
大丈夫です。
ボッチをこじらせるだけこじらせた僕でさえ(笑)、
今は本当に素敵な人達に囲まれています。
もし、あなたが今のご自身の人間関係に不満があるのだとしたら。
勇気をもって、少しだけ踏み出してみませんか?
 
 
そして、あなたにとって本当に大事な人達を。
本当に大事にしてあげてください。
 
 
自分の大事な時間をあなたのために使ってくれるその人達のためにも。
そしてなにより、あなた自身のためにも。
 
 
【しつもん:大事にしたいご縁をもっと深めるために、できることは何ですか?】
 
(注記)
僕のホームページにプレゼントをご用意しています。
「勉強する習慣が身に付く7つのコツ」 
お問い合わせはこちらから。

 

 

 - コラム