現役営業マンのための独立・開業塾

~ 自称「平凡な営業マン」が最短90日で「起業家」として報酬を得る秘訣 ~ 

*

【”職人”になり過ぎない】

   

本日もコラムをご覧頂き、ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
昨日から大阪に来ております。
主な目的は、
マーケティングの知識を習得するため。
 
 
 
セールスに関して。
 
より上質な情報や価値を、
僕のクライアントさんに提供できるように。
 
 
 
僕自身、
常に自身のレベルアップを意識しております。
 
 
 
一方で、
注意していることがあります。
 
 
 
それは「職人になり過ぎない」こと。
  
どういう意味か、
以下で語っていきたいと思います。
 
 
 
売れない営業マン時代。
 
早く売れるようになりたかった僕は、
様々な知識やスキルを追い求めました。
 
 
 
そうやって、
様々な知識を蓄えようとしたんです。 
  
で、売上はどうなったかといえば・・・
 
 
 
全く変化しませんでした(゚Д゚;)
   
 
 
そして、売上の上がらなかった僕は、
一体何をしたか?
 
 
 
もっとスキルや知識を追い求めたんですね。
 
 
 
「ノウハウコレクター」
 
こんな言葉をご存知でしょうか?
 
 
 
ノウハウや知識、スキルばかり追い求めて。
「それを如何に活かすか」
という視点が抜けている状態の人です。
 
 
 
知識があれば売れる!
スキルを磨けば売れる!
職人になれば売れる!
 
 
 
多くのノウハウコレクターが、
このような考えを持っています。
 
何を隠そう、
売れない営業マン時代の僕がこうでした。
 
 
 
でも。
どんなに知識やスキル、ノウハウがあっても。
 
 
 
実践を伴わなければ無意味なんです
  
 
 
知識やスキル、ノウハウ。
それ自体に、大した価値はありません。
 
 
 
そういったものをどう活かし、
どう顧客に価値や利益をもたらすか。
 
 
 
これらを手に入れた後の行動こそが、
非常に重要になってきます。
 
知識などは、
顧客の幸福実現のツールの一つでしかないんです。
 
 
 
当時の僕は、この事実に気付かず。
手段と目的が逆になっていたんですね。
 
だから、売れなかった。
 
 
 
優れた知識やスキルなどを持つことは、
専門家として重要なことです。
 
 
 
ですが、知識があれば良い訳ではありません。
 
 
 
それをどう使って 
誰にどのような貢献をするか。
 
 
 
先にゴールを描いて、
そこに必要なものを習得する。
 
それこそが重要なんです。
 
 
 
知識やスキルを磨くだけでは、
顧客のお役には立てません。
  
 
 
顧客はスキルに興味はありません。
 
関心事は、
自分に利益があるかどうかです。 
 
 
 
「顧客のためにどう役立てるか」
 
この前提があるうえで、
必要なスキルを磨くことこそ。
 
 
 
選ばれるセールスの基本だと、
僕は思うんです。
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:そのスキルは顧客のためですか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
※ 期間限定で募集中!【無料メールコンサルティング
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム