売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【”断りやすい営業”とは?】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
以前、転職活動をしていた頃。
 
本当に親切なエージェントさんに出会い、
大変お世話になりました。
 
 
 
ただ巡り合わせで、
そのエージェントさん経由ではなく。
 
別会社経由で採用を頂き、
お断りの電話を入れることに。
 
 
 
その際も非常に親切にして頂き、
大変有難く思いました。
 
 
 
それ以降、
人の転職の相談にのる際には。
 
決まってそのエージェントさんを、
転職希望者に紹介していました。
 
 
 
さて、このように。
 
直接お取引が発生しなくても、
その後の紹介に繋がるケースもあれば。
 
 
 
一度会っただけで、
その後関係が何ら進展しない。
 
そんなケースもあります。
 
 
 
お客さんにとって、
非常に「断りやすい」。
 
そんな営業スタイルって、
どういったものなんでしょうか?
 
  
 
 
 
一言で言い切ってしまうと、
ずばり「ベラベラしゃべる営業マン」です。
 
 
 
雑談をさっさと切り上げ、
すぐに始まる営業トーク。
 
この時点で『アウト』なんです。
 
 
 
売れない営業マン時代の僕が、
まさにこれ。
 
 
 
『相手もさっさと要点だけ聞きたいだろう』
 
 
 
こんな一方的な思い込みで、
雑談を”雑”にして。
 
一方的な営業トークをしていました。
 
 
 
お客さんにしてみれば、
実に断りやすい営業マンだったでしょう(;-∀-)
 
 
 
商品の質だけで営業はできません
 
 
 
 
情報を聞いて、
関心を抱いたとしても。
 
ネットで検索したり、
馴染の営業に確認したり。
 
 
 
その営業マンに何の思い入れもないため。
 
紹介した営業マンではなく、
別ルート経由で購入されたりします。
 
 
 
こうならないために。
 
お客さんの信頼を、
確りと得ないといけません。
 
 
 
共通点を探したり。
 
相手が話しやすい、
もしくは関心のある話題を振ったり 等
  
 
 
お客さんが話しやすい環境をつくる。
 
初対面なら特に、
この環境づくりが重要になります。
 
 
 
『寡黙なお客さんはどうしたら?』
 
 
 
これもよくある質問ですが、
基本的に対応は同じです。
 
 
 
大事なことは、
沈黙を怖れて一方的に話さないこと
 
 
 
相手が考えをまとめている時は、
口を挟んで邪魔をしない。 
 
話してくれるのをじっと待つのも、
営業マンの大事な役割。 
 
 
 
断られない営業マンは。
 
お客さんとの『間』を、
とても大事にしているんです。
 
 
 
一方的な話をせず。
 
お客さんとの距離を、
会話でじっくりと縮めていく。
  
 
 
売りこみに来たのではなく、
お友達になりに来た。
 
 
 
こんな気持ちで営業すると、
日々の営業も楽しめますね(^^)/
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:断られない営業マンは何をしていますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム