口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

【顧客が”あなた”を選ぶ理由は?】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
昨日、
2件の個別セッションを実施しました。
 
 
 
多くの類似したサービスがある中、
僕を選んでくださった理由は。
 
 
 
話が分かりやすいこと
自分の経験をオープンにしていること
押し付けがましさがないこと
 
等でした。
 
 
 
非常にうれしいご評価です(/ω\)
 
特に「分かりやすい」は、
特別意識していることですからね~。
 
 
 
僕の【売らない営業術】は、
通常の営業コンサルと違い。
 
ご依頼者の課題に合わせた、
オーダーメイドのプログラムです。
 
 
 
やり方を教えて終わり、ではなく。
メンタルを整えて、
個人の課題に合わせたご提案をさせて頂く点に。
 
 
 
香月なりの独自性、優位性を出しています。
 
 
 
さて、世の中には。
類似した製品やサービスは多々あります。
それを扱う企業も同様に。
 
 
 
そんな製品を選びにくい状況の中、
お客さんが自分に依頼する理由は何でしょう?
 
 
 
ここが曖昧だと。
 
折角のファンが、
離れてしまうことにもなります。
 
 
 
それに、もし。
 
答えが『安いから』以外なかったら、
競合に切り替えられる危険性があります。
 
 
 
お客さんが、 
低価格にしか魅力を感じていない以上。
 
より安い提供者がいれば、
必ずそちらに行かれるでしょうから。
 
 
 
だからこそ。
 
価格ではなく”提供する価値”に、
魅力を感じてもらわなければいけません。
 
 
 
そのためには、
独自性と優位性示す必要があります
 
 
 
なぜ、自分なのか。
 
類似した商品やサービスと比べ、
何がどう良いのか。
 
 
 
その理由と根拠、自信を示すこと。 
 
 
 
差別化をして、
競合との違いを出しても。
 
より良い点が何なのか分からなければ、
選ばれる理由にはならないんです。
 
 
 
そしてこの『選ばれる理由』を、
お客さんに準備してあげないと。
 
いつまで経っても、
値引き競争から抜けることは出来ません。
 
 
 
これは企業に限った話ではなく。
 
当然のように、
営業マン個人にも言えること。
 
 
 
自分が競合の営業に比べ、
何がどう優れているのか。
 
 
 
自分は自社の営業を通して、
誰にどんな価値を提供するのか。
 
 
 
その価値を受け取ったお客さんが、
どんな幸せを手に入れるのか。
 
 
 
これらを明確にできる営業マンは、
お客さんと対等でWin-Winの関係を築けます。
 
 
 
トップセールスマンは、誰よりも。
お客さんの「ありがとう」を集めた人です。
 
 
 
お客さんに感謝され、
正当な対価を受け取れる。
 
こんな営業マンがもっと増えれば、
日本はもっと面白くなります。
 
 
 
その一端を担うつもりで、
僕は仕事しています(`・ω・´)ゞ
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:どんな理由で選ばれていますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム