口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

【セールスは”型”が重要】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
先日、
福岡市内のとあるカフェで。
 
個人事業主さんの、
セールスコンサルティングを実施しました。
 
 
 
ご縁のキッカケは、
僕のセミナーにお越し頂いたこと。
 
その後に個別の面談を実施し、
正式に契約してから一ヵ月が経過。
 
 
 
その間にお伝えした内容を、
忠実に実践してくださり。
 
既に実績が出てきています。
 
 
 
仕事人冥利に尽きますね(*´ω`*)
 
 
 
僕は何も「特別なスキル」を、
この方にお伝えした訳ではないんです。
 
 
 
お伝えしたことは、
極めてシンプルな「セールスの基礎」のみ
 
 
 
ですが、この基礎を。
 
知らない、
あるいは教わっていない。
 
 
 
そんな営業マンや個人事業主が、
大変多いということを。
 
この仕事を始めてから、
痛感している次第です。
 
 
 
「専門的なスキルや知識があれば売れる」
 
このような考え方は、
所謂「職人気質」の人に多い傾向です。
 
 
 
ですが、結論を言うと。
 
専門知識やスキルは、
セールスが上手くいく根拠になり得ません
 
 
 
どんなにすごいスキルや知識でも。
 
顧客側にそれが伝わらなければ、
それは購入する理由になりません。
 
 
 
良いものが売れるのではなく、
顧客に「必要だ」と思われたものが売れます
  
 
 
ならば、何をすべきか。
 
 
 
それは。
顧客に「必要だ」と思ってもらうための、
売れるセールスの”型”を実践することです。
 
 
 
トップセールスマン程、
売るための”型”があります。
 
 
 
売れない営業マン程、
“独自のやり方”にこだわります。
 
本人は”型に嵌らない柔軟性”を主張しますが、
多くの場合は”的外れ”です。
 
 
 
提案が行き当たりばったりのため。
 
話を聞けば聞くほどに、
顧客の信用が薄れます。
 
 
 
何を隠そう、
以前の僕がこの代表例でした 苦笑
 
 
 
その後、
売れる営業マンになるために。
 
僕は確りと「売るための型」を実践しました。
 
 
 
アポイントにしろ。
提案にしろ。
普段の営業にしろ。
 
 
 
売れるセールスには、
正しく「売れる理由」が存在します
 
 
 
この基本を無視して、
自分のやり方にこだわることは。
 
泳ぎ方を知らない人が、
いきなり遠泳するようなもの。
 
 
 
確実におぼれます(;・∀・)
 
 
 
売れるセールスには、
売れる理由があります。
 
セールスは根性や運などではなく、
れっきとした論理なんです。
 
 
 
独自のやり方にこだわるのは、
基礎を身につけてから。
 
 
 
最近は営業に関する書籍の内容も、
かなり充実しています。
 
もちろん僕も、
売るための”型”をご提案しています。
 
 
 
個人的な見解を述べれば。
 
僕は個人事業主こそ、
正しいセールスを学ぶべきだと考えます。
 
 
  
売れるセールスの型を身につけ。
仕事で顧客から選ばれ、感謝される。
 
 
 
そんなビジネスマンを、
もっと増やしたい。
 
僕はそう思っています。 
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:”型”に忠実ですか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム