口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【顧客にどんな印象を与えるか?】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
今はもう、昔の話ですが。
僕は随分と肥満体系でした( ´ω` )
 
 
 
水泳で挫折して以降、
食っちゃ寝を繰り返し。
 
基本的に面倒くさがりの為、
体重が一気に増加。
 
 
 
で、体が重くなるに伴い、
運動能力も低下。
 
スポーツが億劫になり、
更に肥大化するという悪循環(-_-;)
 
 
 
加えて、ずぼらな性根。
 
 
  
服は着れればいい。
身嗜みは最低限。
 
 
 
無理やり伸ばそうとした癖の強い髪は、
いつもぼさぼさ。
 
 
 
見た目のさわやかさがまるでない。
そんな状況でした。
 
 
 
この話すると、
大抵「ネタだろ」と言われるのですが。
 
残念ながら真実です。
証拠写真はほぼ処分しましたけど 笑
 
 
 
当時を反省し、
今は”見た目”に気を配っています。
 
初対面の方からは、
ほぼ「さわやか」と言って頂けます。
 
 
 
これも努力の賜物ですね!!
 
 
 
さて、セールスの現場では。
 
 
 
相手が初対面の営業マンなら。
 
顧客は当然、
その人柄を判断しようとします。
 
 
 
その際に。
 
「何を話すか」もよりも、
「どんな見た目か」が判断基準になります。
 
 
 
「メラビアンの法則」によりますと
人の第一印象は3~5秒で決まるそうです。
 
その際、
視覚情報は全体の印象で5割超を占め。
 
 
 
そして一度持たれた印象は、
覆すのに長い時間が必要です。
  
 
 
この営業マンの話は、
信用に値するか。
 
今後も付き合いたい人物か。
 
 
 
そういったことを判断するのに。
 
顧客は話す内容よりも、
見た目や立ち居振る舞いに注目します
 
 
 
起業家の支援・サポートなどを手掛ける、
吉田雅紀氏の言葉を引用させて頂きます。
 
 
 

1.生活は体型に出る
2.本音は仕草に出る
3.感情は声に出る
4.美意識は爪に出る
5.清潔感は髪に出る
6.落ち着きのなさは足に出る

 
 
 
何か疲れ切ったように見える、
身嗜みの整っていない営業マンと。
 
清潔感のある見た目で、
覇気に溢れた営業マン。
 
 
 
自分が顧客だとしたら、
どちらと契約したいでしょうか?
 
僕は間違いなく後者です。
 
 
 
何を語るか、
それも当然大事ですが。
 
 
 
自分の見た目や立ち居振る舞いは、
プロとして相応しいか
 
それも顧客の信頼を得るのに、
非常に重要な要素です。
  
 
 
高いセールス力を身につけるには、
ある程度の実践と時間が必要ですが。
 
 
 
見た目や仕草、振る舞いだけなら、
明日からでも変えられます。
 
 
 
顧客に「信用に足る」と、
そう思って頂ける。
 
 
 
そんな見た目や立ち居振る舞いを、
いつも心掛けたいですね(^^)
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
  
  
  
【Q:良い印象を与える為に出来る事は何ですか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム