口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに売れるセールストークの組み立て方】 

*

「ほどほど」が大事?

      2015/09/30

おはようございます、うながし家のつばさです。
 
 
一昨年の冬くらいから、
「夕食時は炭水化物・糖質を極力接種しない」
という取り組みを始めました。
特に関心が高かったわけではなかったのですが、
なんとなく気分的に。
 
 
で、やってみたところ。
翌朝起きる時にダルさがないのが気に入って、
つい最近まで続けていたんです。
 
 
もちろん偶には炭水化物も摂取するけれど、
基本的に夕食時はオカズだけ。
ここ数ヶ月は冷ややっこに納豆、キムチにお刺身といった献立でした。
 
 
すると・・・
体重が60㎏にまで減っていました(オイオイ)。。
僕の身長は178㎝なので、ベストは67㎏程度なのですが。
 
 
友人からは
「お前こそ炭水化物摂らないとダメだろ」
と、呆れられました。
さもありなん。。。
 
 
という訳で、現在「逆ダイエット」を始めています。 
まぁ要は増量計画なのですが。
この話をとある女性の友人にしたところ・・・
 
 
「ねぇ、ケンカ売っとる?ケンカ売っとるよね?ねぇ?」
と、すごまれてしまいました(苦笑)
 
 
さて、本日のお題は「いい加減」です。
これだけ聞くと、なんだか「手抜き」みたいですね。
でも、こんなふうに書くといかがでしょう。

 
「良い加減」
これだと、「ちょうどいい」とか「適切」みたいに感じません?
 
 
「徹夜」「食事抜き」「長時間労働(勉強)」等々。
僕たちは、特に日本人の大多数は。
何かと自分の体に負担をかけがちです。
無理をしてしまいがちです。
  
 
確かに、無理をしなければならないこともあるでしょう。
特に社会人の方は、「果たさなければならない責任」が増えますしね。
僕自身、結構無理はしてきた覚えはあります。
  
 
でも、無理した結果どうなったか。
 
 
僕は、人生初の入院+手術を経験しました。
軽く考えていたのですが、
もう数日我慢してたら結構危なかったそうです。
(お腹に水が溜まって腸閉塞一歩手前だったそうな・・・) 
 
 
それを担当してくださった医師の方から伺った時は、
正直な話ゾッとしました。
(想定外の回復力を発揮、入院期間を2週間短縮したのは全くもって余談です)
 
 
5月に研修で赴いたフィンランドで、
現地の方がこんなふうに言われたのを記憶しています。
 

8時間働いて、8時間寝て、そして8時間家族と過ごす。
これが本当に人間らしいライフスタイルだよ。 

 
この「人間らしいライフスタイル」を、
一体何人の方が実践できているのでしょう。
 
 
一生懸命何かに熱中することは、とても素晴らしいことです。
僕にも今なら、それがよく分かります。
でも、熱中している訳ではなく、
「ただの義務感」で無理をしているのなら。
 
 
僕はやめることをおススメします。
今は平気でも、徐々にあなたの体と心をむしばんでいきます。
 
 
自分の一番の味方は「自分」です。
そして、自分の周りにいてくれる家族や仲間、友人たちです。
無理をすればするだけ、
自分だけでなく、大事な人達にも負担を強いることになりかねません。
 
 
一番大事なものは何なのか。
今の自分は本当に大切なものを大切にしているか。
どこに一番時間を使うべきなのか。

 
そんなことを考えて、自分にとっての「良い加減」を見出していく。
ワークライフバランスって、
きっとこれが整った時のことを指すのだと僕は思います。
 
 
【しつもん:どんな部分を「良い加減」にしていきますか?】

 
(注記)
10月末に無人島ワークショップ開催します!
 
僕のホームページにプレゼントをご用意しています。
「勉強する習慣が身に付く7つのコツ」 
お問い合わせはこちらから。 

 - コラム