理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【”当たり前”を疑う=ビジネスチャンス】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
  
 
 
僕の朝食のお供は、
いつも納豆とお味噌汁。
 
これがないと、
香月 翼の朝は始まりません(`・ω・´)
 
 
 
ですが、長年。
僕がどうしても、
受け入れられないものがありました。
 
 
 
それが
「納豆をカレーに入れる」
という行為。
 
 
 
納豆を愛する僕からすれば、
納豆には和食だ!と。
 
そう考えていたのです。
 
 
 
そんなある日、
友人宅でごちそうになったのが・・・
 
 
 
「納豆カレー」
 
 
 
人様のお宅で文句は言えない。
 
そう考え、
食べてみたところ。
 
 
 
美味しかったんです、とっても 笑
 
 
 
納豆には、
白いご飯とお味噌汁が当たり前。
 
そう考えていた僕ですが、
この時は素直に白旗を揚げました。
 
 
 
まさか納豆とカレーの競演が、
あれほど絶妙なものだとは・・・
 
 
 
さて。
世の中には、
多数の「当たり前」が存在します。
 
 
 
ですが、その「当たり前」は。
本当に「当たり前」なのでしょうか?
 
 
 
「当たり前」と言われるものに対し。
「本当かな?」と思考してみる
 
 
 
そうすることで、時に。
 
思わぬビジネスチャンスが、
目の前に転がっていることも。
 
 
 
営業マン時代の、
僕の苦い経験。
 
 
 
とある客先向けに、
ある製品の販売権を押さえました。
 
 
 
その顧客では、
その製品を使うのが「当たり前」。
 
これまでの実績ベースでも、
そう考えていました。
 
 
 
この時点で僕は思考停止。
 
どれだけ利益を上乗せするかなんて、
捕らぬ狸の皮算用をしていたところ。
 
 
 
なんと、
競合が代替案を提示Σ(゚Д゚)
 
しかも、
そちらの方が顧客にメリットが!!
 
 
 
ものの見事に、
状況をひっくり返されてしまいました。
 
  
 

「この顧客はこの製品を買うのが当たり前」
 
僕がそのように、
思考停止したのに対し。
 
 
   
競合は、
おそらくはずっと以前から。
 
 
 
より顧客にメリットのある提案はないか
 
そう考えて、
準備を進めていたのでしょう。
 
 
 
顧客満足度も非常に高いと、
後から聞きました。
  
 
 
営業ノルマを達成できる人は。
 
「当たり前」と思考停止せず、
「もっと良い案があるのでは」と考えられる人
 
 
 
業界の「当たり前」
社内の「当たり前」
客先の「当たり前」 等
 
 
 
こういったものに再度注目し、
 
「もっと良い案はないか」
そう考える。
 
 
 
そんな意識を常に持って、
ビジネスチャンスを拡大させたいですね(^^)
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!

【Q:「もっと良い案」はありませんか?】
 
 
※顧客に選ばれるセールスの秘訣を講座でお伝えします!
 詳細はこちら
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム