「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

「幸せな人」はどんな人?

   

こんにちは、うながし家のつばさです。
 
 
日曜日から長崎に行きます。
とあるプロジェクトに参加したメンバーで集まり、
ワークショップや観光を楽しむ予定です。
楽しみですね~
 
 
さて、本日のお題は「幸せ」です。
皆さん、「幸せな人」って、どのような人を想像しますか?
 
 
僕は長いこと、これが分からなかったんです。
だから「目に見えるもの」に執着しました。
それは、ステータスであったり。
洋服や時計などの装飾品であったり。
貯金の総額であったり。
 
 
「何かを多く持っている人=幸せな人」だと考えていました
 
 
でも、集めても集めても。
幸せになれなかったんですよね~、僕。
まぁ、当然と言えば当然なんですが(苦笑)。
 
 
なんで幸福感を感じなかったのか。
それは、僕自身が「本当は欲しいと思っていなかった」からだと思います。
 
 
自分が本当に欲しいものが何なのか。
この時は全く分かっていなかったんですね。
世間一般のいう「成功者のイメージ」に、
僕は完全に囚われていたんです。
 
 
でも、当時の僕はそれに気付かずに
一生懸命間違った方向に進んでいったんですね。
 
 
その後色々あって、僕は仕事が全くできなくなりました。
元々好きではなかった営業という仕事。
それでも続けられたのは、
得たお金で欲しい(と思い込んでいた)ものを買うことができたから。
 
 
でも、欲しいと思っていたものが、
「本当は求めていないもの」
だったと分かった時。
僕は、自分は何の為に生きているのかが分からなくなったんです。
 
 
では、今はどうか。
 
 
毎日にものすごく幸福感を感じています
 
 
貯金額はガタ落ちしたし、仕事は安定しない。
(一部、僕自身の「人を見る目のなさ」から不本意なカタチでお金を失いましたが)
不安が全くないかと問われれば、正直「あります」と答えます。
 
 
それでも、今の僕は「幸福である」とハッキリ言えます。
 
 
自分の好きなことで独立したし、
誰に何を強制されているわけでもない。
学びたいことを学び、会いたいと思う方に会いに行き。
信頼できる先生や仲間がいる。
本当に、素敵な時間を「生かされている」と実感しています。
 
 
多分、当時の僕に足りなかったのはこの視点。
自分一人で生きているつもりになっていたけれど、
本当は大勢の方達に支えられて、生かされていた
 
 
そのことに、全く気付いていなかったんですね。
 
 
自分の人生をかけて「果たしたい役割」も見つけました。
やり甲斐も、生きている実感も、充実感も。
今の僕には溢れています。
 
 
でも、きっと一人では見つけられなかった。
何もかも失いかけて、そこから色々な人に出会って。
僕自身の欠けた部分に、
色々な方達が色々なもので埋めてくれたから。
 
 
僕は「僕を見つけることができた」んだと思います。

 
「幸せな人って、どんな人ですか?」
こんな問いかけをされたら、僕はこう答えます。
 
 
「大勢の仲間に囲まれて、自分の人生の主役になっている人」だと。
 
「他人のメガネではなく、自分のメガネで世界を観ている人」だと。
 
 
どうやったらなれるのかを問われたら。
「色々なものに手を出して、挑戦してください」と答えます。
本当に自分が欲しているものは何なんのかを見つけることから、
「その人にとっての幸せな人生」は始まるのだと。
僕はそう思っています。
 
 
挑戦する誰かの背中を、そっと押してあげられる。
そんな「うながし家」になるべく。
 
 
湖畔の公園より、一筆奏上。

 
【しつもん:幸福感の源は何ですか?】
 
 
(注記)
10月末に無人島ワークショップ開催します!
 
僕のホームページにプレゼントをご用意しています。
「勉強する習慣が身に付く7つのコツ」 
お問い合わせはこちらから。

 - コラム