口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【営業が辛い、と感じたら】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
僕の趣味の一つに、
マラソンがあります。
 
 
 
走っている最中は、
本当にしんどくて。
   
何でこんなキツイことやってんだろう、
なんて考えたりします 笑
 
 
 
でも、走り終わった後の爽快感。
心地良い疲労感。
何より、食事の美味しさ!!
 
 
 
あの辛い時間帯を乗り越えないと、
中々味わえないものです。
 
 
 
途中が多少キツくても。
 
その後に味わえるものが、
それを上回っている。
 
 
 
だから、
ずっと続けられるんです(^^)
 
 
 
さて。
営業マンが日々実施することは、
当然「営業」です。
 
 
 
意欲が低下していようとも。
 
当然営業に行かなければ、
その役割と責任は果たせません。
 
 
 
そんな時、
ふと思うことがあります。
 
 
 
「こんな辛い思いして、
 自分は何をやっているんだろう」
 
 
 
今月のノルマを達成しても、
来月分がある。
 
 
 
顧客との交渉が上手くいかない。
 
 
 
片づけても片づけても、
クレームが発生する 等
 
 
 
自分のやっていることは、
全て無駄なんじゃないか。
 
そんなことを感じ、
営業を「辛い」と思う。
 
 
 
売れる営業マンになった後も。
 
僕の脳裏には、
こんな悩みが唐突に湧いて出ました。
 
 
 
そんな時はどうするか。
 
仕事のことを一旦棚上げし、
自分にエネルギーを注ぎ込む
 
 
 
そして営業という行為の、
本質を思いだす。
 
 
 
営業マンの仕事は、
顧客の幸福実現をサポートすること。
 
営業ノルマの達成とは、
自分が顧客に感謝される提案ができた証
 
 
 
辛いと感じるのは、
エネルギーが足りていない証拠。
 
 
 
顧客の課題解決ではなく。
自分の課題解決(ノルマ達成)に、
意識が向きすぎている証拠。
 
 
 
そう再認識することで、
また「頑張ろう」と思える。
 
 
 
そうやって、
僕は自分をコントロールしてきました。
 
自分一人では無理な時は、
仲間や家族に頼りながら。
 
 
 
全てを自分で完結させようなんて、
どだい無理な話ですから。
 
 
 
営業ノルマを達成できる人は。
 
営業の「辛さ」も踏まえたうえで、
営業の「意義」を大事にできる人。
 
 
 
営業という仕事は。
 
社会に必要とされ、
顧客の幸福実現をサポートできるもの。
 
 
 
営業を辛いと感じた時こそ。
営業の意義や、
その先にある顧客からの感謝、達成感など。
 
  
 
こういったものを
思い出して頂きたいと思っています。
 
 
  
では、今日も素敵な一日を!!
 
 
 
【Q:「辛さ」を上回る「意義」をどこで感じますか?】
 
 
※顧客に選ばれるセールスの秘訣を講座でお伝えします!
 詳細はこちら
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム