理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【営業で使える話題は?】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
  
 
いつもコンサルやる時は、
どんなこと話題にしているの?
 
先日友人から、
こんなことを聞かれました。
 
 
 
基本的には、
クライアントさんの話題にしたいこと。
それに合わせます。
 
 
 
ですが、事前に。
戦略をきちんと立ててもいるんです。
 
 
 
業界情報などを収集し、
クライアントさんに伝えるべき内容を精査。
 
相手が話したい内容を引き出したうえで、
選ばれ続ける為の仕組みを提供する。
 

そうして、以後の行動指針や目標を定め。
実現に向けた行動を促しています。
 
 
 
目標が明確だからこそ。
どんな情報が求められるかを考え、
ピンポイントでご提供できるんです。
 
 
 
必要な情報がハッキリしているので、
話題に困ることはありません。
 
だから雑談一つまで、
有益な情報になり得るんです。
 
 
 
だから、
どれだけ長期間のご契約になっても。 
 
「話題に事欠く」ということは、
まず起こらないんです。
 
  
 
さて。
営業の現場で、
顧客にどんな話題を提供すべきか迷う。
 
 
 
こんな悩みを抱えた営業マンは、
結構多いです。
 
 
 
実は以前の僕も、
御多分に洩れず。
同じ悩みを抱えていました。
 
 
 
その日の新聞記事だったり。
プライベートのことだったり。
 
脈絡のない話ばかり。
  
 
 
今にして思えば、
顧客は「結局何が言いたいの?」と、
そう感じていたことでしょう 笑
 
 
 
どんな話題を提供すべきか?
 
僕の答えは、
顧客にとってのお役立ち情報です。
 
 
 
業界のトレンド
海外市場の動き
競合他社の動き
新技術 等
 
 
 
例えば上記のようなものを、
意識的に観察していると。
 
顧客にとって必要な情報を、
見極められるようになります。
 
 
 
自分の顧客層の情報収集は、
営業マンにとって必須の作業です。
 
 
 
僕のおススメは「雑誌新聞総かたろぐ」というもの。
 
業界情報誌などの一覧です。
こういったところから得た情報は、
高確率で顧客に喜ばれます。
 
 
 
ぜひご活用ください。
 
 
 
また、キャンペーンの提案などは、
一見「お役立ち情報」のように感じますが。
 
 
 
これは往々にして「自社がアピールしたいこと」。
 
利用するのであれば。
話題の補足として利用するのが、
一番でしょう。
 
 
 
営業ノルマを達成できる人は。
 
顧客にとってのお役立ち情報を集め、
顧客に話題を提供できる人。
 
 
 
顧客に役立つ情報とは、
どのようなものがあるのか。
  
 
 
こういったことを真剣に考え、
話題として提供していくと。
 
 
 
顧客からの信頼は深まり。
ご指名で、
仕事ができるようになってきます。
 
 
 
顧客にとって有益な、
そんな「愛ある情報」を。
 
日々の話題として、
提供していきましょう!
 
  
 
では、今日も素敵な一日を!!
 
 
 
【Q:顧客はどんな話題を欲していますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
メールマガジン、毎週火曜日好評配信中!詳細は【こちら】から
 
※ ノルマ達成トレーナー 香月 翼の【売らない営業術】
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム