口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【「会ってほしい」だけでは会って頂けない】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
過日、夜間に資料を作っていたら。
唐突に携帯が鳴りました。
 
 
 
知らない番号でしたので、
訝しみながらも電話に出ると。
 
以前利用したサービスの、
運営会社さんから。
 
 
 
利用の御礼、とのことだったので、
特に長くはならないだろう。
 
そう思っていましたが・・・
 
 
 
長い、
とにかく前置きが長い(;・∀・)
 
何を伝えたいのか、
さっぱりと分からない。
 
 
 
作業中だったこともあり。
 
流石に焦れて、
目的と結論を問うたところ。
 
 
 
会員登録の案内でした。
先に言わんかーーーーい!!
 
 
 
もちろん。
 
社内マニュアルに沿った、
案内の仕方だったのでしょう。 
 
 
 
でも、これじゃ契約は取れません。
 
 
 
なぜかって?
聞き手のことをまるで見ていないからです。
 
 
 
僕が確信をもって、
このように言いきれるのは。
 
 
 
僕自身が過去、
同じような営業の仕方をしていたから。
 
もちろんこの当時の、
僕の営業成績は推して知るべし 笑
  
 
 
日本人の特徴として。
 
とかく目的や結論を、
最後に持っていきがちです。
 
 
 
『起・承・転・結』
 
そう書けと学校で教えられたので、
その弊害でもあるでしょうね。
 
 
 
でも、ビジネスは。
もっと言うと、
人と人とのコミュニケーションは。
 
 
 
学校の授業丸暗記の延長線上で、
うまくいくような。
 
そんな簡単なものじゃないんです。
 
 
 
コミュニケーションは「生き物」です。
 
相手の状況や心境で、
常に変化します。
 
 
 
当然、ビジネスも同じこと。
 
だからこそ。
相手への心配りが不可欠なんです。
 
 
 
顧客も暇ではありません。
自分の仕事や責任があるんです。
 
 
 
そんな顧客に、
売上がほしいからと。
 
ただ「会って話聞いてください」だけでは、
すこぶる失礼というもの。
 
 
 
面談を申し込む際には。
 
目的やお伝えしたいことなどを、
手短にお伝えする。
 
 
 
面談の内容は。
 
自分が主張したいことではなく、
相手にとって役立つものであること。
 
 
 
顧客から、
極力貴重な時間を奪わない。
 
奪うのであれば、
奪った以上の価値をご提供する
 
 
 
これが上述した「心配り」の基本です。
 
 
 
相手の状況や心境に、
心を配り。
 
正しく相手に「価値」を提供し、
Win-Winの信頼関係を構築していく。
 
 
 
『選ばれ続けるビジネス』
 
その実現には、
こういった姿勢が不可欠だと。
 
 
 
今日もクライアントさんに、
お伝えする予定の香月です(^^)
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
 
 
 
【Q:顧客に心を配っていますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
クビ寸前!売れない営業マンから、
  年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣を公開中!

  詳細は【こちら】から
 
顧客に感謝され、選ばれ続けるセールスの秘訣をお伝えします。
  ノルマ達成トレーナー 香月 翼
【売らない営業術】
  
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム