口下手でもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【営業 人見知りでもトップセールスになれる訳】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
 
 
『日本一、営業を簡単にお伝えするコンサルタント』
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
『私、人見知りなんです』
 
 
 
人とうまく話せない
何を話して良いのか分からない
人と接することに不安を感じる 等
 
 
 
こん不安を感じている方。
  
僕の周りにも、
とても多くいらっしゃいます。
 
 
 
でも、そういった方だからこそ。
 
顧客に選ばれる要素を秘めていると、
僕が断言したら。
 
 
 
ご興味はございますか?
 
 
 
人は、どんな人に心を開きやすいでしょう。
 
 
 
明るい人?
話上手な人?
社交的な雰囲気の人?
 
 
 
確かにそれらもあるでしょう。
 
 
 
でも、人が最も心を開くのは。
自分の話を真剣に聴いてくれる人です。
 
 
 
自分の好きなこと
悲しかったこと
嬉しかったこと 等々
 
 
 
自分の話を、
誰かに聞いてほしくて仕方がない。
それが「人の性」です。
 
 
 
そんな「自分の話を聴いてほしい人」に。
 
「自分の話ばかり聞かせようとする人」が、
関係を深められるでしょうか?
 
 
 
おそらくは、無理ですよね。
相手に関心を持っていないのですから。
 
 
 
これが「話上手な人」が犯しがちな、
営業における失敗例。
  
 
 
なまじ「話せる」だけに。
 
顧客の話を聞かず。
自分の話=営業トークばかり、
展開してしまいます。
 
 
 
一方で、
口下手で人見知りな人の利点。
 
それは・・・
 
 
 
相手の話をじっくり聴けること
 
 
 
売れない営業マンの多くは。
 
顧客の話を聞いているフリをして、
自分の話=営業トークを始める好機を窺います。
 
 
 
でも、こういった姿勢は、
必ず顧客に伝わるもの。
 
 
 
自分の話を聴いていない、
一度そう思われてしまうと。
 
どれだけ良い提案をしても、
顧客には響かなくなります。
 
 
 
僕の知る、
とあるトップセールスは。
 
面談中、
ほとんど話をしませんでした。
 
 
 
その分、相槌や頷き。
 
相手の話に対する短い質問などを、
多用していました。
 
 
 
当時の僕は
『なぜこれで契約できるのか』
と、真剣に悩みましたが。
 
 
 
今なら分かります。
 
 
 
彼はいつでも真剣に、
顧客の話を聴きながら。
  
目の前の人に何が出来るかを、
考えていたんです。
 
 
 
だから、口数が少なくても。
 
本人の誠意。
顧客の課題を解決する為の、
提案の質の高さが伝わり。
 
 
 
彼はトップセールス足り得たんです。
 
 
 
人見知りって、
人と接するのに勇気要りますよね?
 
 
 
でも、大丈夫。
 
それは使い方次第で、
相手の信頼を得る武器に変えられます。
 
 
 
話上手でなくていい。
人と話す時に緊張してもいい。
 
 
 
ただ、目の前の人の話を、
真剣に聴くこと。
 
その人の為に何が出来るかを、
真剣に考えること。
 
 
 
それこそが。
 
人見知りでも顧客に選ばれる、
一つの秘訣です。
 
 
 
では、今日も素敵な一日を!!
 
 
 
【Q:”人見知り”をどのように捉えていますか?】
 
 
※「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
クビ寸前!売れない営業マンから、
  年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣を公開中!

  詳細は【こちら】から
 
顧客に感謝され、選ばれ続けるセールスの秘訣をお伝えします。
  ノルマ達成トレーナー 香月 翼
【売らない営業術】
  
(尚、トップページ右端にダウンロードプレゼントをご用意しています)

 - コラム