「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【契約をとれる”雑談力”】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
 
 
『日本一、営業を簡単にお伝えするプロ』
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
セッションのご依頼を、
また新たに頂きました(*^^)
 
 
 
雑談からの現状確認、
相手の望むゴールの設定。
 
お互いの果たすべき役割と責任を、
明確にしたうえで合意できるか否か など。
 
 
 
こういった話の流れから、
ご新規の方に『お願いしたい』と言われました。
 
全力でサポートさせて頂きますよ!
 
 
 
**************
うまく契約できない人の共通点
**************
 
雑談から本題に入れない
商品の提案ができない
そもそも雑談で何を話したら良いか・・・
 
 
 
雑談が苦手というビジネスマンは、
実は結構多いんです。
 
僕も売れない営業マンだった頃は、
雑談がとても苦手でした。
 
 
 
そんな人の共通点。
それは『雑談が雑』であるという点です。
 
 
 
*************
「相手が興味ある事」を話す
*************
 
僕がうまくいかなかった頃。
 
雑談で何を話したらよいか分からず、
取り敢えず朝刊の記事の話をしていました。
 
 
 
ですが相手もビジネスマン、
新聞くらい普通に読んでます。
 
 
 
すると、どうなるか
あっという間にネタ切れです。
 
で、無理に営業して失敗する流れ 笑
 
 
 
後に僕が学んだ、
とても重要なこと。
 
それは「相手が興味ある話」をすること
 
 
 
興味ない話や、
既に知っている話なんて。
 
聞いても何も面白くないですよね?
 
 
 
********
雑談のテーマは?
********
 
仕事関連であれば、
業界全体や競合他社の話。
 
 
 
顧客個人に向けてのものであれば。
 
顧客の趣味や家族など、
顧客が熱く語れるものについて。
 
 
 
こういった内容を、
雑談で話すことで。
 
場が非常に盛り上がるんです。
 

 
その空気を維持したまま、
本来の目的である提案を行うと。
 
 
 
ご契約を頂ける可能性は、
確実に高まります
 
 
 
*********
雑談を”雑”にしない
*********
 
雑談をさっさと終わらせ、
早く提案をしようとする人がいます。
 
 
 
高確率でうまくいきません
 
自分優先の姿勢が、
透けて見えるからです。
 
 
 
雑談を雑に行わず、
顧客が興味のある内容を話す。
 
 
 
その際にもう一つ、
意識したいこと。
 
 
 
それは、自分が話をするのではなく。
顧客に話をさせる、ということ。
 
 
 
提案側は、
テーマを振った後は基本聞き役。
 
たまに自分の知識をお伝えしても、
話の主役をあくまで顧客とすること
 
 
 
あとは話が途切れたタイミングで、
こちらの提案です。
 
 
 
僕がいつもやっている、
提案までの流れは以下の通り。

1.プライベート
2.仕事関連
3.提案スタート
 
 
 
顧客のプライベートの話で、
場を温め。
 
 
 
仕事の話で、
頭を仕事モードにし。
 
 
 
そのうえで、
自分の提案を伝えていく。
 
 
 
個人的には、
この流れがベストだと考えます。
 
ぜひ一度お試しくださいね(*^^)
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな雑談をしていますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。
 
顧客に感謝され、選ばれ続けるセールスの秘訣をお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
(尚、トップページ右端にプレゼント資料をご用意しています)

 - コラム