口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【経験とは「実績」そのもの】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
 
 
『日本一、営業を簡単にお伝えするプロ』
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
以前のSNSの投稿を、
たまたま目にしました。
 
 
 
今日この日は。
 
僕が以前のサービスを、
全てクローズした日。
 
 
 
あれから一年。
 
今の僕は、
本当にやりたいことを。
 
 
 
心から応援したい人たちに、
提供できている。
 
そう、確信できています。
 
 
 
************
「実績がない」という誤り
************

個人事業主さんから、
よくお受けするご相談。
 
 
 
それは
『自分には何の実績もない』
というもの。
 
 
 
僕も以前、
同じ悩みがありました。
 
でも、今はこう言い切れます。 
 
 
 
『何の問題もありませんよ』
 
 
 
自分が今までしてきた、
経験や体験。
 
それは立派な「実績」なんです。
 
 
 
***********
乗り越えてきた経験は?
***********
 
自分自身が、
過去に乗り越えてきた経験
 
それを仕事に結びつけることで、
そのまま実績になります。
 
 
 
例えば、僕のケース。
 
上述した通り、
僕は起業に失敗しました。
 
 
 
それ以前では。
全く売れない営業マンでした。
 
 
 
こういった「マイナス」を乗り越えた経験を。
 
仕事に絡めて、
顧客に伝えていく。
 
 
 
すると、それは。
 
下手な資格よりも、
ずっと「信用」を与えます。
 
 
 
*************
資格があれば良い訳ではない
*************
 
名刺が肩書(資格)だらけ。
そんな人に、たまに出会います。
 
 
 
ご本人としては、
仕事の根拠を増やしたいのでしょう。
  
ですが、
残念ながらそれは悪手です。
 
 
 
そもそも相手は、
自分の資格に関心はないんです。
 
 
 
加えて、
何の専門家なのか。
 
それが伝わりにくくなります。
 
 
 
資格を持っていれば、選ばれる。
周りがプロとして見てくれる。
 
そんなことはないんです。
 
  
 
******
経験を伝える
******
 
一方、自分が乗り越えた経験は。
十分な「実績」であり「証拠」です。
 
 
 
僕は過去、
全く売れない営業マンでした。
 
起業したものの、
うまくいきませんでした。
 
 
 
これらを乗り越えた経験があるから。
 
現在はセールスの専門家として、
クライアントにサービスを提供できます。
 
 
 
自分自身の試行錯誤の末の、
うまくいっている現状です。
 
これ以上ない「実績」です。
  

 
過去の乗り越えた経験を、
実績に変えて。
 
自分の仕事に結びつけ、
顧客に伝える。
 
 
 
それは何よりの「実績」となります。
 
 
 
ご自身の経験を、
仕事に結びつけ。
  
どんどん伝えていってくださいね!
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな経験を仕事と結び付けますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
顧客に感謝され、選ばれ続けるセールスの秘訣をお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム