売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【見た目にこだわるプロ意識】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
桜も散り、
随分と福岡は温かくなってきました。
 
 
 
ただ、
急に暑くなったり寒くなったり。
 
非常に忙しい気候です
 
 
 
何を着たらいいのか分かりません(^^;
 
 
 
先日は服選びを完全に誤り。
 
上着を終日、
手に持ったままでした。
 
 
 
上着の意味は?って話です 笑
 
 
 
**********
人は見た目じゃない?
**********
 
『人は見た目じゃない、
 中身が大事なんだ』
 
 
 
多くの良識ある人は、
こう仰います。
 
そのうえで、
僕はこう主張したいんです。
 
 
 
『プロは見た目、中身
 両方が大事』
 
 
 
見た目とは、
プロとしての自分の見せ方
 
 
 
見た目を蔑ろにする人は。
 
プロとして大きな成果をあげることは、
決してできないんです。
 
 
 
**********
見た目=容姿ではない
**********
 
よく「見た目=容姿」と思い込み。
 
容姿に自信がないからと、
引っ込み思案になっている。
 
 
 
そんな方をお見受けします。
 
 
 
でも、大丈夫。
 
 
 
「見た目」とは、
「容姿そのもの」を指してはいません。
 
 
 
大事なのは
服装や表情、振舞い方です。
 
 
 
容姿が良ければ、
契約ができる訳ではありません。
 
 
 
 
僕の容姿だって、
別にイケメンではありません 笑
  
ですが、ご契約を頂けます。
 
 
 
それは僕が
「プロとしての見せ方(魅せ方)」
に、こだわっているからです。
 
 
 
************
顧客にどう印象付けるか?
************
 
僕のクライアントさんは、
その多くが女性起業家です。
 
 
 
だからこそ。
 
そういった方々に好まれる服装を、
常に意識しています。
 
 
 
だから、
スーツにネクタイは絶対しません。
 
威圧感を与えてしまうので。
 
 
 
過去に一度だけ、
スーツで対面セッションをやった時。
 
 
 
『なんだか今日は話し辛かった』
 
こんなフィードバックを、
頂きました。
 
 
 
これ以降、
スーツとネクタイは封印しました。
 
 
 
なので今は、
もっぱらジャケットパンツスタイル。
  
明るい色をワンポイントに使います。
 
 
 
努めて表情を柔らかくし、
簡単で具体的な言葉を使います。
 
 
 
自分の好みではなく。
顧客となり得る人にどう印象付けるか
 
 
 
その後の人間関係の進展を、
大きく左右する要素です。
 
 
 
**********
「プロ」として見せる
**********
 
人の第一印象は、
わずか数秒で決まります。
 
 
 
そして、
最初の印象が悪いものであれば。
 
それを覆すのは、
簡単なことではありません。
 
 
 
例えば、建設会社の社長さんが、
いつも高級スーツで過ごしていたら。
 
 
 
『この人は現場を見ているのかな?』
 
こんな印象を、
周囲に与えてしまいます。
 
 
 
スーツや靴の汚い営業マンが、
自宅訪問してきたら。
 
少なくとも僕は、
家にあげたいとは思いません。
 
 
 
自分の顧客となり得る人は、
どんな人で。
 
 
 
どんな格好をすれば、
どう振舞えば。
 
その人達に好印象を持たれるか。
 
 
 
それらを意識した「見た目」が。
 
ビジネスの現場では、
重要な要素になります。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな人に、どんな印象を持たれたいですか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
顧客に感謝され、選ばれ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム