口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【”一期一会”を大切に】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
出会いがお仕事に繋がる、
最近はそんなケースが多い香月です。
 
以前?
聞くまでもないでしょう?笑
 
 
 
以前の僕は、
恥ずかしながら「奪う」思考でした。
 
 
 
だからこそ、
似たような人を集め。
 
最終的に、
僕は「奪われて」しまいました。
 
 
 
以前の僕と、今の僕。
その一番の違いは。
 
正しく「与える」という思考に、
シフトできたことです。
 
 
 
**********
“ドロボー”にならない
**********
 
「あれやって」
「これ教えて」
 
 
 
こんなお願い事を、
日常的にしている人を散見します。
 
 
 
人に頼ることは、
決して悪いことではありません。
 
むしろ、大きな成果をあげるには。
他者の協力が不可欠です。
 
 
 
ですが。
  
与えてもらってばかりで、
何一つ相手に与えていないのでは。
 
 
 
それは”ドロボー”と同じです。
 
 
 
目の前の人の為に、
何ができるか。
 
自分は何を与えられるか
 
 
 
まずはそこを意識してこそ、
協力関係は構築できます。
 
 
 
********
他者に関心を持つ
********
 
初めて出会った人に、
どれだけ関心を持てるか。
 
どれだけ本気で、
相手の話を聴けるか。
 
 
 
これがその後の人間関係の、
明暗を分けると言えます。
 
 
 
自分の”売り込み”ばかりしても、
相手の心には残りません。
 
 
 
ですが。
 
 
 
『自分の話を真剣に聴いてくれた』
 
そんな人を、
人は忘れることができないんです。
 
 
 
*********
何を与えられるか?
*********
 
「与える」とは、
「身を削る」ことではありません。
 
 
 
無意味な特典、
過剰な割引などが典型例です。
 
 
 
これでは本人が疲弊してしまい、
相手に与えるどころではなくなります。
 
 
 
「相手の話を真剣に聴く」
 
これも十分に、
与える行為です。
 
 
 
最近の僕は、
初対面の方に対して。
 
その方の「課題の見える化」を、
与える行為としています。
 
 
 
人は自分で思っている程、
自分の悩みを具体化できていません。
 
 
 
お話をじっくり聞くことで、
それを分かりやすく形にする。
 
それだけでも、
とっても喜んでもらえます。
 
 
 
自分が簡単にできることで、
相手のメリットになること。
 
これを提供するのも、
立派な与える行為です。
 
 
 
********
一期一会を大切に
********
 
目の前の相手に会うのは、
一生に一度の機会
 
最近の僕は、
そのように心がけています。
  

 
一生に一度の機会を、
自分を売り込む場とするか。
 
 
 
それとも。
 
 
 
目の前の人に関心を持ち。
 
目の前の人の為に、
何を与えられるかを考えるか。
 
 
 
幸せな仕事ができるのは、
僕は後者だと思うんです。
 
 
 
一期一会を大切に。
出会えた人を、大切に。
 
 
 
素晴らしいご縁を、
大切にしていきたいですね(*^^)
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:出会いを大切にしていますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
顧客に感謝され、選ばれ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム