口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【「具体的には?」という問いかけ】

   

今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
僕のクライアントさんから、
先日こんなメールを頂きました。
 
 
 
『香月さん!
 私の提供できる価値は
 ワクワクドキドキする気持ちです』
 
 
 
それに対して、
僕の返信。
 
 
 
『なるほど、
 ワクワクドキドキする気持ちですか!
 良いですね!!
 
 で、具体的には?』
 
 
 
こんなやり取りを、
何往復もして。
 
結構良いトコロまで、
具体化できました!(^^)!
 
 
 
『非常に疲れた』
 
そんなメッセージが、
最後に添えられましたが 笑
 
 
 
*********
うまくいかない要因
*********
 
ビジネスがうまくいかない、
その要因として。
 
 
 
提供する価値、
顧客が受け取れるメリット。
 
これらが非常に「あいまい」、
そんなケースが多いんです。
 
 
 
かく言う僕も、
過去に同じ失敗をしたんですけど(^^;
 
 
 
具体的なメリットを、
自分では語っているつもりでも。
 
相手が具体的にイメージできなければ、
それは伝わってないのと同じ。
 

 
『具体的にイメージできる』
 
これが顧客に選ばれる、
一つのポイントになります。
 
 
 
******
具体的には?
******
 
クライアントさんだけでなく。
 
僕は自分に対しても、
この質問を多用します。
 
 
 
講座やコンテンツを作る際。
漠然とした目標を最初に定め。
 
自身に「具体的には?」と、
何度も問いかけます。
 
 
 
これを繰り返すことで。
 
最初は曖昧だったものが、
だんだんと形になってきます。
 
 
 
十分に掘り下げることなく、
早い段階で止まってしまう。
 
だからこそ、
メリットが伝わりにくくなるんです。
 
 
 
何度も「具体的には?」と問い直す。
 
そうすることで、
より顧客に届くメッセージができます。
 
 
 
ぜひ一度、
お試しください。
 
 
 
*********
第三者にお願いする
*********
 
何度も自問するのも良いのですが。
 
僕のオススメは、
仲間にチェックをお願いすること
 
 
 
具体的になっているか
聞き手にとってメリットがあるか
分かりやすいか など
 
 
 
こういったチェックは。
 
自分よりも他者にしてもらった方が、
非常に効果的なんです。
 
 
 
自分でやると、
どうしても「自分の枠」を出ませんからね。
 

 
自分で十分に掘り下げた後で、
信頼できる仲間にチェックをお願いする。
 
 
 
もちろん、
やってもらうばかりではなく。
 
お互いに価値を交換し合うことが、
前提条件です。
 
 
 
顧客に価値を感じてもらう為に。
 
価値を具体化することを、
常日頃から意識したいですね!
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:具体的には?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
顧客に感謝され、選ばれ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム