「最短30分で何度も売れちゃう」を実現する

~もう「売り込み」は、いらない~

*

【相手の反応は質問次第?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
以前のこと。
 
当時お付き合いしていた女性と、
こんなやり取りがありました。
 
 
 
僕 :『お昼、何食べる?』
相手:『何でもいい』
 
 
 
で、僕の好きな和食をチョイス。
 
すると、
女性はこう言った訳です。
 
 
 
『和食か~』
 
 
 
何でもいいって言ったよね!?
 
で、
ケンカに発展するんですね 苦笑
 
 
 
誰でも多分一度は、
こんな経験していることでしょう。
 
 
 
でも、実はこの状況。
 
質問者が無自覚に、
作ってしまっているんですね~
 
 
 
******
悪い質問の例
******
 
冒頭のようなやり取りは、
割と頻繁に見られます。
 
そして、こういった質問は。
人の思考を止めるものなんです。
 
 
 
質問には、
良い例と悪い例があります。
 
悪い例で言えば、
以下はその代表格ですね。
 
 
 
『なんで、うまくいかないんだろう』
 
 
 
僕は売れない営業マン時代、
よくこんなことを考えていました。
 
 
 
そうすると。
 
僕がうまくいかない理由が、
たくさん浮かんでくるんです(^^;
 
 
 
で、凹んでしまって、
行動できなくなってしまう。
 
 
 
こういった質問は。
 
思考停止や自己否定などの
悪影響を及ぼします。
 
 
 
他者に行うものであれ、
自問であれ。
 
使うのは控えたいですね。
 
 
 
********
“良い質問”とは?
********
 
人の思考を促したり、
求める答えを引き出したり。
 
他者にも自分にも有益なのが、
良い質問です。
 

 
例えば。
 
冒頭の僕の質問、
以下のように変えたらいかがでしょうか。
 
 
 
『和食と洋食ならどっちがいい?』
 
 
 
高確率で、
どちらかの選択肢が選ばれますね。
 
余程ひねくれた人でない限りは 笑
 
 
 
『なんでうまくいかないんだろう?』
ではなく
『どうやったらうまくいくだろう?』
 
 
 
こんな考え方なら、
改善策が出てきます。
 
 
 
僕は自問を変えたことで。
 
公私共に、
うまくいくようになりました。
 
 
 
「なんで」は、言い訳を促します。
「どうしたら」は、改善策を引き出します
 
 
 
後者をこそ活用しましょう。
 
 
 
*******
質問を活用する
*******
 
質問を活用すると、
公私共にうまくいきます。
 

 
例えば、
アポイントを取る時。
 
 
 
『いつならご都合よろしいですか?』
 
と言っていた時は。
全くうまくいきませんでしたが。
 
 
 
『週初めと週末ならどちらがご都合よろしいですか?』
 
こんな問いかけをすると、
アポイントが取れるようになりました。
 
 
 
『何かお困りのことはありませんか?』
 
こう言っても、
いつも返事は『ないよ』でしたが。
 
 
 
『現状は10点満点中何点ですか?』
 
こう問いかけると。
高確率で現状の課題を、
教えてもらえるようになりました。
 
 
 
質問の”質”が変わると、
相手の反応も変わります
 
 
 
質の高い質問を、
たくさん活用して。
 
仕事もプライベートも、
充実したものにしましょう(^◇^)
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな質問が望む反応を得られますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
顧客に感謝され、選ばれ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム