口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【「何のプロか」を絞ると売れ続ける】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
『売上アップのことなら香月に聞け』
 
 
 
こんな紹介をされたくて、
日々仕事に取り組む香月です。
 
 
 
その甲斐あってか。
 
最近そういったご紹介を頂くことが、
本当に多くなりました。
 
 
 
ありがたいことです!
 
 
 
メルマガは毎回のように、
お返事を頂けますし。
 
講座の告知をやれば、
わずかの時間で満員御礼。
 
 
 
僕が提供する価値と、
お客様が欲しいメリット。
 
これらが合致しているからこそ、
こんな状況をつくれています。
 
 
 
そんな僕ですが。
 
以前は全くと言っていいほど、
うまくいきませんでした。
 
 
 
***********
「何でもできる」を手放す
***********
 
うまくいかなかった頃。
僕は何でもやろうとしていました。
 
 
 
「人のメンタルに関わることなら何でも」
 
 
 
何でもやることで。
何でもできるとアピールすることで。
 
 
 
他のコーチやメンタルトレーナーと、
差別化しようとしていました。
 

 
コーチを名乗りながらも。
 
セラピーやカウンセリング。
果てはカードセッションなんかまで。
 
 
 
本当に、
何でもやろうとしていたんです 苦笑
 
 
 
その結果、どうなったか。
 
 
 
自身の望む方向性とは、
全く逆の結果を生んでしまい。
 
 
 
お金が入るほど辛くなっていき。
 
結局はその後半年間、
サービスをクローズしました。
 
 
 
「何でもできる」は、
「何にもできない」と同じこと
 
 
 
望む成果なんて出せないんです。
 
 
 
**************
「これしかやらない」を決める
**************
 
紆余曲折を経て、
僕がたどり着いた回答。
 
 
 
それは「これしかやらない」という、
自分の唯一のテーマを決めること
 
 
 
それ以外を、
潔く手放すことでした。
 
 
 
これは本当に勇気がいりました(^^;
 
高いお金払って得た知識やスキル、
それを放棄するんですから。
 
 
 
それでも捨てました。
 
 
 
玉虫色のごちゃ混ぜサービスで、
何でも屋をやるよりも。
 
 
 
たった一つだけだけれど、
その分野においては誰にも負けない
 
 
 
そんなプロの方が、
魅力的だと思ったからです。
 
 
 
だから僕は、
扱うテーマを「営業」に絞り。
 
 
 
自身の営業経験を活かした
「売らなくても売れる仕組みづくり」
のプロを目指しました。
 
 
 
おかげさまで、今。
 
僕のサービスは、
多くの方から支持されています。
 
 
 
**********
唯一無二のプロになる
**********
 
上述した通り。
 
何でも屋では、
顧客に選んでもらえません。
 
 
 
顧客が選ぶのは、
自分にメリットを与えてくれるプロです。
 

 
どんな人の、
どんな課題に対し。
 
 
 
何を活用することで、
どんなステキなアフターを提供するか。
 
 
 
これが具体的で、
分かりやすいプロをこそ。
 
顧客は選びたいんです。
 
 
 
何でもできた方が、
顧客に選ばれやすいのではないか。
 
 
 
スキルや資格は、
たくさんあった方が良いのではないか。
 
 
 
こんなことを考えていた僕ですが、
真実は全くの逆だった訳です(^^;
 
そもそも、
何の専門家か分かりにくいですし(^^;
 
 
 
とても良い経験と学びでした。
 
 
 
おかげで今、
僕はクライアントさん達に。
 
自身の経験を踏まえ、
プロ育成のお手伝いができるのですから。
 
 
 
何でもやる、を手放し。
これしかしない、を決める。
 
 
 
その分野で、
唯一無二のプロになる
 
 
 
これが決まると、
契約をし続けることが可能です。
 
ぜひ、取り組んでくださいね!
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:どんな分野で唯一のプロを目指しますか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム