理想のお客様とのマッチメイク術

~なぜ「売り込みゼロで8割成約」を再現できるのか?~

*

【顧客の「真のニーズ」を知ると売れる】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
売れない営業マンだった頃。
 
たまたま新規飛び込み訪問をした客先で、
課題を見つけました。
 
 
 
こんなチャンスはめったにない!
 
 
 
そう思って、
急いで会社に帰り。
 
過去のデータを洗い出し、
課題解決の為の提案を数パターン作成。
 
 
 
絶対に決まる、
そう思っていましたが・・・
 
 
 
結果は「見送り」。
 
 
 
結局その後も、
商談が決まることはありませんでした。
 
 
 
課題解決策を提示したにも関わらず。
 
なぜ当時の僕は、
契約してもらえなかったのか。
 
 
 
それは全て、
当時の僕の提案の未熟さに帰結します。
 
 
 
**********
顧客は本音を語らない
**********
 
顧客は常に、
本当のことを話している。
  
以前の僕は、
このように思っていました。
 
 
 
確かに、
顧客は「本当のこと」を話しています。
 
ですが、
それが「本音」であるとは限りません。
 
 
 
そして、もっと言えば。
 
顧客は自身の課題を、
正確には把握していないのです。
 

 
契約がうまくいくには。
 
 
 
いかに提供者が、
顧客の本音を引き出せるか。
  
真のニーズを引き出せるか
 
 
 
この点にかかっています。
 
 
 
**********
「真のニーズ」を探る
**********
 
ここで一つ、
僕の実際の指導例をご紹介します。
 
 
 
住宅の営業マンである彼に、
あるチャンスがやってきました。
 
 
 
住宅の展示会場に来られた男性が、
以下のような問合せをされたのです。
 
 
 
『足の悪い人向けの住宅ってどんなの?』
 
 
 
ビジネスチャンス到来!とばかりに、
彼は住宅のPRを行いました。
 
 
 
ですが。
 
 
 
PRすればするほど、
相手の方が目に見えて引いていき。
 
結局、そのまま帰ってしまいました。
 
 
 
『言われた通りに提案したのに』
 
 
 
理不尽だと言わんばかりでしたが、
実は逃げられて当たり前。
 
 
 
だって「真のニーズ」を何一つ聞かずに、
PRをしたのですから。
 
 
 
現状、どの程度足が悪いのか
 
現在の家の何が不満なのか
 
そもそもどなたの足が悪いのか 等々
 
 
 
提案が受け入れられなかったのは、
「足が悪い」
という表面的なニーズで思考停止し。
 
 
 
このニーズを掘り下げることを、
全くしなかったこと。
 
 
 
そこで、僕からの指示は。
 
 
 
自身の提案の不備を詫びたうえで。
 
改めて見学に来てほしい旨、
メールをお送りすること。
 
 
 
改めて、
相手の方のニーズを深掘りする質問をすること。
(質問は全て僕が用意しました 笑)
 
 
 
そして後日に見事、
値引きなしのご契約となりました!
 
 
 
表面上のニーズで止めず、
真のニーズを掘り下げる
 
 
 
それができて、
ようやく交渉の席につけるのです。
 
 
 
*************
「契約して」と言われる為に
*************
 
こちらが『契約して』と、
お客様にお願いしなくても。
 
 
 
お客様の方から
『契約して欲しい』
とお願いされる。
 
 
 
こんな状況をつくるに、
まずすべきこと。
 
 
 
真の課題を見つけ出して、
それを分かりやすくお伝えすること。
 

 
顧客自身でも把握していなかった、
具体的な課題を引き出すことで。
 
 
 
すでに提供者への信頼は、
最大限高まっています。
 
 
 
そのうえで。
 
 
  
その課題を解決できる、
具体的な提案を。
 
根拠や実績と共にお伝えする。
 
 
 
僕がたった一回のセッションで、
ご契約を頂けるのは。
  
この流れを意識しているからなんです。
 
 
 
表面上のニーズではなく、
相手の「真のニーズ」を引き出す
 
 
 
ここを意識するだけで、
提案の質が変わります。
 
ぜひお試しくださいね!
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:お客様の「真のニーズ」は何ですか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム