口ベタでもお客様の「欲しい!」を引き出す会話術

【91.2%が顧客獲得に成功した売り込まないのに選ばれる会話の組み立て方】 

*

【売れ続けるためのたった2つの基本姿勢】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
何かしらを学んだことで、
一時的に売上が上がる人はいます。
 
 
 
しかしながら、その後。
 
継続的に売れ続ける、
そんなことができる人は。
 
 
 
非常に少ないんです。
 
 
 
僕も起業後に。
 
一時的に、
売上が伸びたことがありました。
 
 
 
でも、その後が続かない。
  
同じことをやっているのに、
売上が伸びない。
 
 
 
何が悪いのか分からず。
 
新しい知識やスキルを求めたり、
随分と迷走したものです。
 
 
 
そんな時期を乗り越えたからこそ。
 
クライアントさんに
「売らなくても売れる仕組み」
をお伝えできるのですが。
 
 
 
人生は何が役立つか、
本当に分からないものですね 笑
 
 
 
************
「看板メニュー」をつくる
************
 
継続的に売上が上がらない人は、
一体何が悪いのか。
 
 
 
それはその人のおススメが、
何だか分かりにくいこと。
 
 
 
もっと言うならば。
 
「誰々さんなら○○」という、
看板メニューがないことです。
 

 
スキルが多くあれば選ばれる、
多くの人がこのように思っています。
 
 
 
ですが、それは思い違いです。
 
 
 
多すぎる選択肢は、
相手を迷わせてしまいます。
 
 
 
そして、ここが一番の問題。
自分の専門性を薄れさせます
 
 
 
「何でもできます」は
「何も強みがありません」と同じこと
 
 
 
自分ならこれ!という、
看板メニューをつくること。
 
そこと関連性のないスキルは、
一度手放すこと。
 
 
 
自らのターゲット層にとって、
最も価値提供が可能なもののみに絞り
 
そこ以外を手放すことで、
専門性を際立たせる。
 
 
 
自分ならでは看板メニューが、
選ばれるには必要不可欠です。
 
 
 
********
できることをやる
********
 
おススメメニューを作る際、
やってはいけないことがあります。
 
それが「完璧を求める」ことです。
 
 
 
人はつい、
完璧な準備を求めがちですが。
 
これをやってしまうと、
いつまで経ってもスタートできません。
 

 
完璧な準備なんてできません。
 
 
 
時間ばかりが過ぎて、
結局何一つ行動できない。
 
完璧を求めすぎると、
こんな状況に陥ります。
 
 
 
「3割できたら走り出す」
「走りながら改良する」
「今の自分にできることを全力で」
 
 
 
僕はこれらのことを、
クライアントさんに意識してもらいます。
 
 
 
先ずは市場に出してみて、
ターゲットの反応を見る。
 
 
 
そこから徐々に、
改良・修正を加え。
 
より大きな価値提供を目指す。
 
 
 
最初から完璧な商品は存在しません。
 
顧客の声を取り入れながら、
時間をかけて改良するものなんです。
 
 
 
車や家電製品だって、
最初から今の性能ではなかったでしょう?
 
個人の提供するサービスだって、
本質は同じなんです。
 
 
 
余分なスキルを手放し、
看板メニューをつくる。
 
今の自分にできる最大限を提供する。
 
 
 
これが売れ続けるための、
基本的な姿勢です。
 
 
 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:あなたの「看板メニュー」は何ですか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますどんな具体的なゴールを設定しますかよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム