売るモノを変えずに売上を変える秘訣

       ~ お客様に「今、あなたから買うべき理由」が伝わる見せ方、伝え方とは? ~ 

*

【「お金がなくても幸せになれる」は真実か?】

   


 
今日もコラムをご覧頂き、
ありがとうございます。
 
売らない営業術:ノルマ達成トレーナー
香月 翼です。
 
 
 
最近は「お金」をテーマにした、
セッションや講座。
 
数多く実施しています。
 
 
 
ここに関するご要望は、
実際とても多いです。
 
 
 
「お金を稼ぐことは悪」
「貧乏な人は他人の為に生きる善人」
 
 
 
こんな”刷り込み”を、
社会から長期間に渡り受けた結果でしょう。
 
 
 
そのうえで、
僕は以下のようにお伝えしています。
 
 
 
『お金が儲かる=社会貢献』
 
 
 
********
お金は「悪」か?
********
 
お金は「悪」か「善」か?
 
こんな論争は、
そこかしこで見受けられます。
 
 
 
割と「悪」として扱われる、
そんなケースが多いですね。
 
特に学校教育の現場では。
 
 
 
結論から言います。
善でも悪でもないんです。
 

 
考えてみてください。
 
お金自身が意志をもって、
何かをする訳ではありません。
 
 
 
あくどい手段でお金を稼いだり、
何かしら悪い目的で使われても。
 
それはお金が悪いのではなく、
それを為した人間が悪いんです。
 
 
 
お金とは「道具」に過ぎず、
全ては使う人間次第なんです。
 
 
 
こういった基本を理解せず、
お金そのものを悪し様に言うのは。
 
非常にナンセンスな発想だと、
僕は断言します。
 
 
 
**************
お金がなくても幸せになれる?
**************
 
年収300万程でも、
家族みんなで笑い合う人もあれば。
 
年収1000万を超えても、
孤独な人もいる。
 
 
 
こんな対比で見れば、
「お金がなくても幸せになれる」
というのは一つの真実でしょう。
 
 
 
そのうえで。
 
即ち「お金か幸せか」という視点のみで、
物事を判断してはいないか?
 
 
 
僕は最近特に、
こんな疑問を感じています。
 
 
 
お金をたくさん頂けるように働く。
 
その為には、
幸せを犠牲にしなければいけないのでしょうか?
 
 
 
僕はそうは思えないんです。
 

 
何かを手に入れる為に、
何かを手放す。
 
その必要性があるのは真実です。
 
 
 
だからといって。
 
必ずしも手放すものが、
自分の幸せである必要はありますか?
 
 
 
今の社会で、
たくさん儲かっている人は。
 
 
 
ごく一部の悪質な例外を除き、
「多くの人から”ありがとう”と言われた人」
だと考えます。
 
 
 
で、あるならば。
 
お金を頂くということは、
社会貢献と同義であり。
 
 
 
たくさんお金を頂いて、
幸せになることは可能なはずです。
 
 
 
「お金か幸せか」
ではなく
「お金を頂いて幸せになれる」
 
 
 
これもまた、
一つの真実なんです。
 
 
 
『自分らしく生きているから
 お金を稼げなくてもいい』
 
 
 
こんな”逃げ”の発想ではなく。
 
 
 
もっと社会に貢献するため
 お金が儲かる道はないか』
 
 
 
こんな発想のもと、
行われるビジネスが。
 
結果的に自分を含め、
多くの人を幸せにするのだと。
 
 
 
僕はそう、確信しています。 
では、今日もステキな一日を!
 
 
 
【Q:お金は「悪」ですか?】
 
≪追記≫
 
僕がクビ寸前の売れない営業マンから、
年間3億円超のご契約を頂けるようになった秘訣をメルマガで公開中です!
ご登録特典もありますどんな具体的なゴールを設定しますかよ(*^^)v
【無料メールマガジン:「売らない営業術通信」】
 
売らなくても売れ続ける仕組みづくりをお伝えします。
ノルマ達成トレーナー:香月 翼の【売らない営業術
 
「いいね」と思って頂けたら、ぜひシェアをお願い致します。

 - コラム